お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

薄桜鬼 キャラクター感想

キャラクター別感想。

攻略キャラクターとは別に源さんがひたすら男前すぎて泣いた。

土方歳三

やっぱしメインキャラクターやからか、ストーリーの長さや本気度、スチル枚数なんかが明らかに優遇されとる。

だがしかし興味は薄め。

わたしだいたいどの新選組関連フィクションでも土方さんが好きになれないのだよな。

びっくりするほど巻き舌なしゃべり方。

血の吸い方がえろい。刀で傷をつけるのになんであえてそこなんだ。

あと、タイトル「薄桜鬼」が攻略の話の中に出てくるのも彼のルート。

風間さんの詩人っぷりに吹いた。乙女やなぁ。

土方ルートは他キャラクターが光りすぎてて困った。

まず源さんが格好良すぎるし、山崎君にも泣けるし、山南さんが初めていい人やし、父様もいい人やし、近藤さんがただの馬鹿殿でないし。

しかしその分、主人公の空気感が尋常でない。

もうおらんでもよくないかと何十回も思う。

やっぱ史実をなぞる?とこうならざるをえんのかなぁ。主人公の蝦夷行きの無理矢理なことよ!

この土方さんと、後述の沖田さんは、どうにもこうにも終盤の方まで近藤さんが好きすぎる。笑

沖田総司

土方さんに引き続き、人気キャラクターなのにわたしのなかではそんなになキャラクター。

沖田ルート以外では気づくと一行で死んでいる空気なキャラクター

総台詞数なんか新八より少ないんやないかと思う。

やっぱり主人公よりも近藤さんが好きなように思えてならん……。

本来なら労咳で退場する設定だもんで、生き延びてもなかなか合流は出来ぬというちょっぴり無理矢理展開。

はじめから「殺すよ」を軽く連発する彼なのですが、その「殺すよ」がだんだん変化していって、意味を持っていくのはめっちゃよかった。

あと薬を飲んでも労咳が治らないというまさかの展開にふるえた。

まぁ沖田と言えば労咳労咳と言えば沖田で、労咳なき沖田なんか沖田でねえからやろうけどさ……。

EDも平和ではあるけれどももんのすごい刹那的やしなぁ。だがそれがいい。終わりは個人的に一番好みでした。

斎藤一

土方さんとは逆に、だいたいどのフィクションでも偏愛を注ぐキャラクター。今回も好き!

斎藤さんは見た目からクールなキャラクターなので、クールながらも中には葛藤やら熱い何かやらが渦巻いていて、それを主人公にだけかいま見せてくれる的話運びを期待していたらそんなことはなく、案外ちゃんと自己完結しちゃってちょっと寂しかった。笑

土方さんと斎藤さんルートは、確固たる己がある分、なんだかどうしても主人公の存在意義が見いだしづらいのよなぁ。

目立たないから」って理由で耳たぶから血を吸っちゃうお茶目な彼ですが、吸血シーン以外にラブラブなシーンがあんまり見あたらんもんな。仕方ない。笑

個別ルートでなく、共通ルート時の健康診断イベントが地味に一番楽しかった。

洋装になった時のボタンの話の可愛さも異常。

あとオマケが可愛かったのと、オマケの絵がセクシーすぎたのは外せない。半裸な土方さんよりもセクシーであった。

原田左之助

一番アダルトな原田ルート。ストーリー的には一番好きやったなぁ。

プレイ前には全く興味なかったもんで、プレイしてひたすら好感度鰻登り。

他のキャラクターは、「他にも大切なものがあった上で(土方さんだと近藤さんと新選組、とかね)主人公も大切なもののひとつ」って感じで、大切に思ってくれてないわけやないんですが、比べられないというか比べてくれないのに対して、原田さんは全力で秤にかけてくれて、その上で主人公を選んでくれるのがもうすごい嬉しい。

「この先何回天秤にかけることがあっても、選ぶのはお前だ」(うろ覚え)てなことを言ってくれるのがほんまに嬉しい。

このルートやと新八も輝いてて困ります。

もうこのルートやると、なんで攻略対象でないのかがどう頑張っても納得できないレベルに新八愛が高まる。

原田さんと新八の友情はほんとによかった。平助を加えてのトリオもいいけど、この二人組は別格だなーやっぱ。

あと鬼の中では風間さんの次に好きな不知火が大活躍してて嬉しかった。不知火好き。高杉大好きなとこも好き。笑

藤堂平助

一番好きなキャラクターになった。

登場時、ぽろっと新選組の機密を漏らして、主人公を殺そうムードを盛り上げたのを「ごめんな」の一言で片付けた時にはこいつどうしてくれようと思ったもんやけどね。

幼い外見とは裏腹に、一番大人で男前なのではないかと思った。

実は色々考えてて、ちゃんとした考えで伊東さんに着いていったり、でもそんな風に自分で決めた答えなはずなのに後悔してしまう、楽しかった思い出を考えてしまう。

そんな平助くんが、ことあるごとに「鬼とか人間とか派閥とか関係なくお前を守る、お前が大事だ」って言ってくれるのは本当にときめいた。

そんな男前な面もありつつ、オマケではちょっとヘタレな可愛い面まで暴露して、もうどうしようもないほどストライクった。

そして平助の次に好きな風間さんともいっぱい絡んでくれるのでこのルートはほんま幸せやった。

・風間千景

喋るのが遅くてややイライラしたけれどもセクシーで鬼畜、全体で二番目に好きな子。キャラクターとしてもストレートに一本通っててぶれない芯がすごく愛せる。

なんか遙か3の知盛っぽい。

ノーマルEDに付随したちょっとしたオマケレベルのEDしかないってとこが気に入らなかったのですが、この風間&ノーマルEDが新選組と、この物語の終わり方として一番よかった

風間さんが最後に言ってくれる台詞も(なんだか忘れたけど)、主人公が新選組に対して抱く思いも、展開としても一番無理がないと言うか、美しいと言うか。

もういっそどの話でも鬼軍勢に加わればよかったのではなかろーか。

あ、原田さんのときだけは別やけど。笑

惜しむらくは、ほんとーに絡みが少ないなと感じてしまったこと。

せめてオマケやら何やらがもっと主人公と絡むものであればなあ……。