お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

ダンガンロンパ プレイ日記その1

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
(2010/11/25)
Sony PSP

商品詳細を見る

舞台は、あらゆる分野の超一流高校生を集めて育て上げる為に設立された、政府公認の特権的な学園「私立 希望ヶ峰学園」。国の将来を担う"希望"を育て上げるべく設立されたこの学園に、至極平凡な主人公、苗木誠もまた入学を許可されていた。

平均的な学生の中から、抽選によってただ1名選出された超高校級の幸運児として……。

入学式当日、玄関ホールで気を失った誠が目を覚ましたのは、密室となった学園内と思われる場所だった。

「希望ヶ峰学園」という名前にはほど遠い、陰鬱な雰囲気。薄汚れた廊下、窓には鉄格子、牢獄のような圧迫感。何かがおかしい。

入学式会場で、自らを学園長と称するクマのぬいぐるみ、モノクマは生徒たちへ語りはじめる。

――今後一生をこの閉鎖空間である学園内で過ごすこと。外へ出たければ殺人をすること。――

主人公の誠を含め、この絶望の学園に閉じこめられたのは、全国から集められた超高校級の学生15人。

生徒の信頼関係を打ち砕く事件の数々。卑劣な学級裁判。黒幕は誰なのか。その真の目論見とは……。

雰囲気的にはバトロワ、展開的にはインシテミル、システム的にはアクション要素のある逆転裁判、キャラクター的には西尾維新っぽい(と思っている)ものすごく俺得なゲーム。

学園生活→事件発生(誰かが殺される)→捜査→学級裁判(犯人を決める)→犯人をお仕置き(=処刑)という流れ。犯人を間違えたら全員処刑でゲームオーバー。

ゲームオーバーはゲームオーバーでイベントありそうだから見てみたい気もするなぁ。

全体的にすごく逆転裁判っぽいと思ったのはわたしだけ?

そして久々に新作ゲームを発売日に購入したのでプレイ日記なぞ。

ネタバレはたぶんしまくります。

まずはプロローグ~チャプター1まで。

<プロローグ>

難度はどっちもイジワルでスタート。詰まないといいな……。

まぁ一番はじめの感想はドラえもんの声がこんなにうざくなるとは思わなかったですよね笑

思ったよりダークな雰囲気。そして思ったよりキャラクターがすごく人間味溢れてて怖い。

腐川冬子@文学少女なんか、「私なんてえぇ」ってところがすごく特徴的にデフォルメされてていいなぁと思った。

プロローグは特に何もなく、言われたとおりにイベントを進めるだけ。

<チャプター1>

まずは学園生活(といえるほど平和ではないですが)のアドベンチャーパート。

探索・イベント→自由行動(特定のキャラクターと仲良くなる)→事件発生→捜査まで。

自由行動できるようになってすぐ電子生徒手帳をチェックしてみてまず驚いたのが、主人公・苗木誠@幸運(不運?)小せええええ!

160ってなんだよ! 全登場キャラクター中2番目に小さいってなんだよ!

高校生で160ってあんまり普通じゃないよ。なんでもっと165~175くらいの中肉中背にしてやらなかったんだ笑

それも1番小さいのは小動物ポジションの不二咲千尋プログラマーだけって。

そういやこの子は一応少女という設定なのですが、こいつだろうなとソッコーで思ってしまったのは私だけですか。どうなんだろう。

モノモノマシーンというガチャポンでのアイテムゲットが非常に面白い。

ここでアイテムをゲットしてプレゼントすると仲良くなれるというシステムなのですが、これがものすごくコレクター魂をうずかせる! しかしプレゼントしてなくなるとコンプ率が下がるみたいです。

コイン(レイトンのひらめきコインっぽく発見できる)が10枚くらいしかなかったのでちょっとだけやってみた。

自由行動はまず真っ先に十神白夜@御曹司をセレクト……と思ったら舞園さやか@アイドルしか選択できないとはどういうことだ。

無難に彼女と過ごしてスキル@美声ゲット。

そういやプレゼントはラジオくん人形をあげたら、中くらいの喜び方でした……。どうもハズしたっぽいなぁ。

彼女ってそういやヒロインポジションなのかしら。中学校の同級生だったらしいし。なんとなく長生きしそう。

次はようやく十神くん! プレゼントはろくなもんがなくてキルリアンカメラ@中くらいの喜び方。まあそうでしょうね。スキル@冷静沈着ゲット。

まだいけたので、葉隠廉比呂@占い師と過ごす。

彼はPVで死んでいたので、たぶんすぐ死ぬんだろうという予想で、死ぬ前にスキルをゲットしておこうという魂胆。ごめんね。

ちなみにプレゼントにはぴったりの水晶のドクロをあげたら大喜びしてました。やっぱりな! スキル@長考ゲット。

そういや、中喜びくらいでもスキルをもらえたんですけど、この好感度の差ってどのくらい生きるんだろう。

仲良くなってもストーリーには影響しなさそうだし……。

てーかもうすでにこのくらいの段階で、わたし(プレイヤー)の気持ちとしてだいぶみんなと仲良くなってるんだよな勝手に。誰が死んでもショックだろうなぁ……。

しかし、閉じ込められただけじゃあ殺人に至る動機が薄いかなぁと思っていたら、まさかのモノクマ動機作ってあげるよ宣言。

各自DVDを渡されて、その内容は「大切な人や物が危ない、卒業しないと何が起きているのかわからない」というもの。誠くんの場合は家族。

うーんますますバトロワっぽい。そして空気が一気に不穏に。

と思っていた矢先の さやか死亡

えええええええ。あんたが第一の被害者なのかーーー!? おいおいあの助手宣言はどうしたよ。

もうわたしの心の中では葉隠くんが死んでたんですけど!

ショックすぎた……。

誠の部屋で殺されていたということで、犯人扱いされるという。まぁ主人公犯人扱いは定番パターンですよね。ばっちこい!

ところがここで、さらにまさかの江ノ島盾子@ギャルが「もう嫌だ」とモノクマに暴力をふるったとして見せしめに大量の槍で串刺しにされて死亡

……。……え?

ここでも死者出ちゃうの? しかも盾子? こいつ長生きすると思ってたからまだ絡んでないよ?

彼女については何もわからずじまいだったなぁ……。すごくポジティブキャラクターだったので悲しいよ。

そういえば、捜査を始めてすぐに犯人がわかってしまったのはわたしだけではあるまい

ダイイングメッセージがあからさますぎる。笑

登場人物たちがやたらと数字数字と言うのに、わたしには全く数字に見えなくて困った。

あとはちょろちょろ証拠と証言を集めて、裁判開始。

噂のフルボイスなアクション裁判!

難度イジワルでも、やっぱりチュートリアル的裁判だからか、すごく簡単。

逆裁っぽいシステムの裁判(矛盾点を指摘)で、指摘のやり方に、流れていくセリフを打ち落とすというアクション要素あり。

これもわりかしハマる。いい成績とりたい。いまのとこ全て優ですけど、たぶん優・良・可とかなのかと予想。

最後に事件の流れ通りに漫画のコマを埋めていくというクライマックス推理をするんですが、強いて言うならこれがイマイチかなぁ。

はめるコマが小さくて、どういうシーンなのかわかりにくいコマがある。クリックしたら大きくするとかしてほしかったなぁ。

推理→投票ののち、お仕置きが始まるのですが、お仕置きムービーのまさかのデンジャラスさに衝撃を受けた。

おいおいこれ刺激強すぎないかい。いやいいけども。面白いけども。

結果、981点の優でクリア! やったね! 10点につき1枚コインがもらえたよ。いっぱいガチャガチャできるなぁ。わくわく。

モノクマって誰(何?)なのか、学園はどうなってしまったのか、学園の外で何が起こっているのか、誰が次の殺人を犯すのか……。すごいわくわくするなぁ。続きが気になりすぎる。

しかし、いきなり一気に3人も死んでしまったよ。残るは12人。

1回につき最低でも2人は死ぬから、多くてもチャプターは5までくらいかな?

学園の謎を解くところまでいって、+1あるのかしら。というか、このシステムでどうやって学園の謎を解くところまで行くのかな? やっぱムービーかなぁ。モノクマと裁判できたら面白そうだけど。

次に殺されそうなキャラクター:(いい加減に)葉隠くん

次に殺しそうなキャラクター:山田一二三@同人作家(なんとなく)

十神くん、セレスティア・ルーデンベルク@ギャンブラーなんかの、あからさまに殺しそうなキャラクターは、少なくとも次はまだ殺さなさそう。むしろこいつらは逆に被害者側な気がする。

霧切響子@???はたぶんキーパーソンだからしばらく死なないだろうな。あとはほんとにわかんないや。