お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

カエル畑DEつかまえて 広瀬ルートクリア

カエル畑DEつかまえて☆彡 応援中!

※このプレイ日記はネタバレの塊です

楽しみにしていた広瀬ルートっ!!!

予想とは若干違う恋愛過程やったけど、楽しかった!

プレイ開始時からわたしの心鷲掴みやったんですが、ルートでも間違いなかった。

人がいいふりを装っていながらも心の中はドライ」なキャラクターなので、女っぽくない主人公に全然興味ない状態からの、「あれ一緒にいるとなんだか……」って感じになると思っていたんですが、実はずっと主人公のことが好きだったーという展開。

これがほんとよかった。

いや、実は好きだったって展開そのものがよかったんじゃなくて、それ以前のやりとりをふまえるとものっそい萌えるという話なんですよ。

広瀬くん、序盤は割と主人公に興味なさげに振る舞うし、「俺を落としてみなよ」的上から台詞だの、「せっかく暗いところで女の子と二人っきりなのに全然高揚しない」だの失礼極まりないことを言いまくる。

最後にラブが待っているとわかった上での冷たい反応大好きなわたしは実はこれもかなり楽しかったんですが、さらに、それらが全部「実は既に好きだった上での行動だった」って!!!

どんだけときめかせてくるんだ!!!

でもそういえば、主人公好きじゃないっぽいことを言う割には、言葉とは裏腹によく顔を赤らめたりするなーと思っていたのよね。ここらへん、すごくさり気ない表現が上手いなーと。

「実は好きだった」系って、下手するとご都合主義丸出しになるし。

そういう小さな積み重ねと、主人公の気持ちの開花と、萌えを多分に含むイベントのおかげで、告白の盛り上がることと言ったらなかった!!!

……好きだよ」という、この告白の絶妙な溜めっぷりと、

何か馬鹿みたいに君のこと考えて、そういう時にガラス系のものに映る自分の顔が気持ち悪くて、それに軽く絶望するくらい君が好きだよ」という広瀬くんらしい言葉に心臓打ち抜かれたー!!!

このテンションのあがりっぷりはハム男を抜いたような気がするなぁ。

いや、この広瀬くんとハム男は2人で他の追随を許さぬダントツではあるけど。

広瀬くんは余裕のある時の主人公を振り回してくれるのもいいし、主人公が自覚して押せ押せになったら逆に戸惑ったり照れたりするのもよかった!

一粒で二度美味しいとはこのこと。

恋愛でない、メインストーリーの話運びも丁寧。

相手(主に親とか)の喜ぶことをし続けていたらいつの間にか泥沼だったっていう、根の素直さとそこに塗り固められたひねくれというバックボーンもよかった。

共通ルートでは割とそんな状況と自分から脱却したいって感じだったので、個別もそういう話かなと思っていたら、それらをふまえてはいるものの、さらにそこから進んだ話になっていってね。

いい子ちゃんを装うようになった経緯に加えて、微妙に運が悪いのは「呼び込み体質」なせいだった。

で、ついには主様の力まで呼び込んじゃって、周囲にも「よくないことが起こる」のを誘発するようになっちゃって、一陽にそそのかされて、自分を犠牲に(妖怪になって、呼び込んでしまった主様の力を役立てる)しようとする。

これね、ハッピーエンドがもんのすごくいいのはもちろんのこと、ここからバッドエンドへの繋がり方もすごく味があって好きなんだ……いや悲しいんやけどね。

暗転した画面から、「君のこと、好きだった」って告白されるのが……もう……!

ハッピーエンドもよかったんだよ!

妖怪変化の儀式の最中に主人公からキス→(なんだかんだあって)→浄化された の流れは超展開すぎてフイタけど、まぁこの程度は許容範囲内って事で。

ED後、結局主様の力は抜けなくて、状況的には今まで通りの中、嬉しくなると雨がざーって降って来ちゃうことになった広瀬くんが可愛くて可愛くて。

わたしの好きなところであったドライな部分はすっかり消え失せたものの、丸くなった広瀬くんもすごく好きになれたのがほんと幸せ。

ハム男ルート以来の大ヒットきました。いや、ほんとーによかった。正直、広瀬ルートを最後にしたかったくらい。

いよいよ法月ルートなんですが、なんか色々うっすら想像ついてきたというか、もう主要ネタの枠的に「これしかねーな」って感じというか。

なんで最後限定なんだー! 最後は嫌だよー。最後は選ばせてくれよー。

と、思いつつ。カエル畑はちょっと休憩して、夏空にいこっと! このまま流さないといいけど、わたし。