お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

マスケティア アラミス攻略

アラミス

※このプレイ日記はネタバレの塊です

「ナルシストで構ってちゃん」という一言で感想が終わってしまうw

なんてか、ほんとさっき言った言葉に集約されてしまうんですがね。

他ルートでも裏切るアラミス、まぁ要するに裏切りキャラ

わたし、裏切りキャラそのものは大好きなんですよ。ちゃんとした理由があれば、上昇余地が大きいだけに、最終的に好感度が鰻上る可能性も秘めている。

が。

アラミスは結局、「なんとなく」裏切った、ということらしくて。愛せませんでした

複雑な家庭事情とか、愛を知らずに育ったとか、別にそういうのはフィクションの世界ではよくある話なので、理由としてもアリだと思うんですが。

それを下地としていても、彼が裏切った理由は本当に「なんとなく」なんですよね。

最終的には、「(大切であるがゆえに)捨てられる前に捨てようとした」と言ってはいたのですが、それが後付けに見えちゃって。

捨てられる前に捨てなきゃ→裏切り ではなくて、

なんとなく裏切った→想像以上に大事件になった→だって捨てられる前に捨てなきゃって思ったんだもん

という言い訳みたいに見えちゃったんですよ。

しかもさらにその後の行動が、

裏切っちゃったら大事件になっちゃったどうしよう→裏切っちゃう僕なんて嫌いでしょ?→酷いことする→ダルタニアン愛想を尽かせそうになる→ほらやっぱり僕は愛されない存在なんだ! 僕可哀想

という……なんというか……お前、単なる面倒くさい構ってちゃんナルシストなのね……と。

このルートのダルタニアン、ほんと辛抱強くてえらいなと他人事のように思いましたw

端々のエピソードや雰囲気、声優さんの演技はかなり凝っていて、アラミスの孤独は割とよく表現されていたとは思います。

特に、銃士隊の3人はいつでもアラミス宛のケーキを分けて食べるというエピソードは大好き。

アラミスがケーキを持ってきて、アトスがきっちり三等分にして、ポルトスが来て食べ始める。

ポルトスが最初にいろいろなものが乗っているのを取って、アラミスが次に「アラミス様へ」と書かれたチョコの乗っているのを取って、アトスが最後に一番シンプルなのを取る。

今までで、銃士隊の絆を一番感じたなぁ。

アラミスがどれだけ銃士隊を大切に思っていたのかも感じて、すごく切なくなりました。

でもねぇ……。

やっぱり、裏切りにはそれなりの理由がないと、辛いなぁ。

裏切りのスタート地点がすごく早いこともあって、ほんとなんでお前裏切り始めたんだって思っちゃう。

たぶんそれがアラミスというキャラクターらしさなんだということもわかるけど、受け入れる側としてはそれはちょっとねえ。

ということで、あまり愛せませんでした。ごめんね、アラミス!

結構イチャイチャしているシーンも多いのですが、キャラ萌えもシナリオに熱中も出来なかったので、いまいち覚えてないという。

そういや、アラミスはちょっと理事長組に近いので、秘密が少しわかりました。

前世→300年前のフランスが舞台

リシュリュー→前世が枢機卿

ロシュフォール→前世が枢機卿の親衛隊長

アンヌ→前世がフランス王妃

ルイ→前世がルイ13世

リシュリューロシュフォールは前世でアンヌの裏切りにより命を失ったため、現世でアンヌに復讐しようとしている。

という構図みたいです。

なんか壮大な話になってきたw