お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

零の軌跡/碧の軌跡


英雄伝説 零の軌跡 (通常版)英雄伝説 零の軌跡 (通常版)
(2010/09/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

5.gif

ゼムリア大陸西部に位置するクロスベル自治州。

かつてはエレボニア帝国とカルバード共和国との間で熾烈な領土争いが行われたが、現在は沈静化し、独自の繁栄を謳歌していた。

しかし、水面下では未だに両国の紛争が続いており、更に国外から多数の犯罪組織やマフィアが流入して抗争を行っており、治安状態は最悪であった。

市民の安全を守る筈の警察組織も不正や汚職に塗れて機能しておらず、自治州の市民は犯罪に怯える日々を送っていた。

そんな中、市民の信用を失ったクロスベル警察に「特務支援課」と呼ばれる新部署が設立され、4人の若者が配属された。

<システム>

空の軌跡シリーズを正当に踏襲・進化した、スタンダードに遊べるRPG

ここは空の軌跡で面白かったことを知っているので、安心して遊べました。

いまどき、こんなにいい意味で普通のゲームって少ないんじゃないかな。ほんと、正統派名作ゲームだと思います。

ストーリーを追って、戦って、強くして、レベル上げして、街やフィールドを駆け回って……楽しい!

「空」から進化したコンビクラフト、さらには「碧」で進化したマスタークオーツ・バースト等、新しく取り入れられたシステムも良かったな。

相変わらずモブというか、街の人々が「それぞれの生活を営んでいる」のがありありとわかる細かいつくりに、会話だけでも楽しめます。

カジノや釣り・料理や本集めなどの遊び要素も満載。

ストレスもなく、延々と楽しんでいられるゲームでした!

<ストーリー・キャラクター>

前作と違い、「クロスベル」という自治州をメインに繰り広げられるので、前作よりスケール的にはこぢんまりした印象。

その代わり、よりいっそう密になっていたと思います。

政治面でのゴチャゴチャした問題とか、やたらとリアルなのも面白い。

主人公たちは「特務支援課」という警察組織に属しているので、好き勝手に動くことも出来ず、あくまで警察として「できる範囲内で精一杯の正義」を貫こうとする姿が新鮮でした。

警察として敵方に罪状を突きつけながら戦う姿が大好きだったので、「碧」の最後はちょっと壮大になりすぎてまとまりきってないかなと思ったのがちょっと残念。

だって結局、マリアベルやイアン先生の罪状ってなんだったの?

「零」ではヨアヒム先生にしょぼい罪状を突きつけてかっこよく逮捕してたのに、今回はとりあえずキーアを取り戻すぞってことしかなかったような気がする

最後は「警察」じゃなくて、「特務支援課」という、いわば仲良しグループ的な、仲間内での問題を解決するために動いてたみたいに見えました。

彼らには最後まで「警察」としてのあり方で行動してほしかったな。

あと、軌跡シリーズって一体どうすんだって思ってしまうのが、ちょっと難点。

結社とか、結局どーなんの。こいつら、直接対決することもないし、壮大すぎて、いつも茶々入れられて、なんとか水際で食い止めるものの「まったね~☆」といった感じにかわされ、なんかしらの成果を上げられ、でもどうしようもないような状態で終わるからなぁ。

なんか、解決したような解決してないようなって感じ、もやっとしちゃうんだよ!

そして相変わらず、キャラクターはとっても魅力的でした!

・ロイド

恐ろしいまでの攻略王

とにかくフラグをたてまくり、幼女からお姉さま、果ては男までたらしまくる。

某サブキャラの言葉を借りるならば、「弟系草食男子を装った喰いまくりのリア充野郎」

とにかく隙がない。不完全なところも含めて相手を誑しこむので、たぶん兄貴をとっくのとうに超えていると思いました。

大好きだけど、こいつとは絶対結婚したくないとも思いました。

・ランディ

女性陣を差し置いて零・碧ともに相棒として大活躍。

本編においても一番絡んでくるので、わたしは零・碧ともにランディの絆イベントを見ました。かっこいい兄貴。

重い過去を背負っているのですが、とにかく超のつくほどの常識人なので、いい人生を歩めることは間違いないと思います。

ずっとバトルメンバー。

・エリィ

たぶんヒロインポジなのに、影の薄さが異常。零ではまだしも、碧では完全にキーアやらリーシャやらにお鉢を奪われていて辛い気持ちになりました。

政治の問題で活躍するので、「零」では結構見せ場もあったのに……。

可愛くて大好きなのに、あまりの影の薄さから、バトルメンバーから外してしまいました。

「零」「碧」通じて仲の良かった人に裏切られまくるという薄幸の美人。

・ティオ

同じく、セカンドヒロインポジなのに、影の薄さが異常。以下略(エリィと同じ)。

過去が解決してから、メカニックみたいなポジションに落ち着いてしまった幼女。

・ワジ

「碧」でまさかのメンバー入りを果たし、ストーリー面でもヒロイン達を差し置いて怒涛の絡みっぷりをみせ、キーメンバーに昇格。

そのせいか、どうしてもバトルメンバーから外せませんでした。

……なんとゆーか、今作、男のほうがメインストーリーに絡んでくるんだよ……。

リーシャ

「碧」で脅威の巻き返しを演じ、終盤はエリィを差し置いてバトルメンバー入り。結構強いので気に入ってました。

・ノエル

こちらも「碧」でまさかのメンバー入り。

……まともないい子なのに、とにかくキャラが薄い運転手という印象しかない

・キーア

チート幼女