お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

剣が君 縁感想

剣が君

 

チャラ男って思っててごめん……全然チャラくなかったw

以下、ネタバレの塊です。

 

 

共通ルートでも「若」呼ばわりされてて薄々分かってましたが、実は正体が徳川の坊ちゃんであった縁。本名、松平信春水戸藩主の息子家光の養子辰影の弟にして、天下五剣・三日月宗近の持ち主です。

 

わたし、縁は実は香夜のことそこまで好きじゃないよな~って段階の方が好きだったりしますw

実彰ルートの香夜ちゃんのこと脅して実彰のもとに案内させた縁とか大好きだったし、一番萌えたイベントは共通ルートで、「ほっぺにチューして」という縁に、螢が指を押し付けて誤魔化すのですが、一見騙されて喜んだように見せておきながら実はちゃんと気づいてて、「次はちゃんと姫がしてね」という……イベントだったりね!!

 

まあそこは置いといて、縁は抱えている事情とその葛藤がすごくよかったですね。

かつての御前試合で一番刀になって宗近を得てはいるのですが、実はその試合は八百長。実力があったにもかかわらず、水戸藩の企みで縁も知らぬ間に八百長させられていたんですね。

八百長で一番刀になってしまった(しかも水戸藩のために知った後もそれを黙認しなければならなかった)という事実、そして刀は抜けるが神降ろしはできていないという事実が縁を苦しめていて、本来は真面目な性質であったはずの縁をちゃらんぽらんな言動に駆り立てている。(←これが明らかになるのは剣ルートだけ!)

ちゃらんぽらんさは隠密の仕事をこなすための隠れ蓑である面もあるのですが、それを香夜に咎められて喜ぶ縁。

そして本当に惹かれるようになり、五剣祭で簪を贈るとともに、「付き合って欲しい」という……。

って、家のこと何も言わずにwww ってめっちゃここ不安になりましたwww

プレイヤー目線から見るとお見合いも来てるしそもそも将軍跡取りと町娘って絶望しかないし……。

 

後に花魁と一緒にいる(実はその花魁も徳川のスパイだったらしいけど)縁を見て、「隠し事ばかりのあなたは信じられない」と言う香夜。いやそらそうだよね。

その後山中でよくあるパターンですが妖怪に襲われているところを縁と三厳に助けられ、そこで縁の正体を明かされる香夜。

この時、なんと香夜ちゃん、内心では喜びながらも、あまりの身分差から結ばれるわけがないスパッと断ります。

えっなんだこれ。ここで断るの? スパッと?? 身分差恋愛の振る舞いとしては満点じゃないか???

香夜ちゃん好きだわ……ほんとナイス主人公です。

しかし、断るんだけれども、めげずにアタックしてくる縁に対してあまり強く出られない香夜にアドバイスしてくれる螢ちゃんほんとかっこよかったですね……。

 

 

>剣ルート

先述の、八百長の過去が明らかになる剣ルート。

縁は山中でであった長七郎を庇い重症を負ってしまう(長七郎には逃げられる)。

縁を振る覚悟を決めていた香夜も、怪我を聞いていてもたってもいられず会いに行き、気持ちが通じる……。

 

・荒魂エンド+後日談

宗近に導かれるように儀式の場へ。

開きかけている常夜への門を閉じるため、香夜の助けも狩りて、最後の最後になってようやく「神降ろし」に成功する縁。

門は無事に閉じられるが、縁はそのまま還らぬ人に……。

これ、目の前で看取っちゃうのがしんどいですね……。しかもこの後香夜ちゃん、遺された宗近を持ち、長七郎を連れて江戸城まで戻ってきてるんですよ。気丈過ぎる……。

長七郎の女中となって城に召し上げられた香夜は、人前では笑顔を見せるも、一人の時は悲しみに暮れる。気丈過ぎる……(2回目)。

ところで辰影様ルートはどこなんですかね???

この後日談の後、どう考えても辰影様ルート始まる流れにしか見えなくて……w ごめん、ごめん縁!! でも辰影様も満更でもないっぽかったし!!!

とまあ冗談はさておき、縁の死の悲しみを二人で分けあう二人の図というのがすごく胸に染みました。

 

・奇魂エンド+後日談

鼓との一騎打ちで重傷を負い、一命を取り留めるも刀取りをした御前試合くらいからの記憶を失ってしまった縁。

水戸時代の記憶しかないので、性格も当時のような真面目に。当然、香夜のことも覚えてはいません。

覚えてはいないものの、香夜に心を動かされる縁。それは献身的に看病をしてくれたせいなのか、それともたまに頭をよぎる記憶の残滓のせいなのか……。

香夜は縁を諦めようとするのですが、記憶がなくても縁は香夜を追いかけ、素直な気持ちを伝える……。

縁が縁じゃなくなってるし、結局最後まで記憶も戻らないので(戻りそうな気配はあるけど)、この展開苦手な人もいそうですが、わたしは記憶喪失だけど記憶を失ったまままた恋に落ちるパターン大好きなので、このエンドが一番好きでしたw

希望もあるしね……!

このまま記憶が戻らなくてもいいから、縁にはなんとか身分差を乗越えて香夜を娶ってほしいな~って思いましたw

 

 

>君ルート

叔父のもとへ逃げた香夜を追い、農業に目覚める縁。侍は人を殺すけど、百姓は人を生かすんだ!

お役目を無事追え、新しい人生を再スタートさせる……。

 

・和魂エンド+後日談

螢の元で岡っ引き見習いとなるエンド。

いやこれは正直どうなの?www

岡っ引きになるのはいいんだけどさ、螢のところに転がり込んだ挙句、金に困って城のもの盗んで売り飛ばすって……w

パパもなんで「うちに住んでもらえば?」とかサラッと言うの??? いやダメだろwww ダメンズすぎるわwww

まあこの後ちゃんと身を立ててくれそうな気配はあるのですが、実家の金目のもの盗んで売り飛ばすのがホント受け入れられなくてしんどかったです……w

螢ちゃんが男気溢れてたのはよかったw

 

・幸魂エンド+後日談

まさかの百姓転身エンドw

みんな幸せそうだし、よかった……のか?

 

 

実彰も剣ルートの方がしっくりきたものですが、縁はよりその傾向が強かった。

なんだろう、縁の君ルートはどっちも「え、ほんとそれでいいの?」感が強すぎましたねw

お国を一度救ったからって、そもそも将軍の跡取りとして迎え入れられてるのに、そんなあっさり身分を捨てられるのかとか……。

駿府の問題は最近起きたことなんだから、それが解決しても(縁の心の問題は解決したとはいえ)ちょっと前と同じ状態に戻っただけなのになーって。

あと和エンドはほんとダメだろっていうww