お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

オクトパストラベラー プレイ日記6

これにて2章〆! ハンイット→オルベリクです!

いつもの如くネタバレありです。

 

 

・狩人ハンイット 第2章

師匠ザンターの形跡を追ってストーンガードへやって来たハンイット。
ナタリアという女性に聞くと、師匠は森へ行ったあと消息を絶ったらしい。
ここ、森へ向かう道で久々に全滅してしまいました……www
雑魚でめっちゃ強い全体攻撃&連続攻撃してくるのがいて!!!
ここに来るまでにかなり強くなったわ~って思ってうきうきプレイしてたので、めっちゃショック受けましたw
ま、直前にセーブしてたから事なきを得たんだけどな! こまめなセーブ大事!!!

 

閑話休題
赤目とおぼしき魔物と師匠の戦いの後を追っていると、目の前に森の主が立ちはだかる。
森の主を倒したハンイットは、奥地で石化した師匠を発見する。

f:id:kokochia:20180723185408j:plain

「赤目」って石化能力の持ち主なんですね。というか師匠の発見が思いの外早くてびっくりしました。最後まで出てこないものだと思ってた。石化なので、助かりそうなのが正直ホッとしましたw
最悪のパターンも想定してたので……! 赤目を倒したら師匠ももとに戻るとかそういう話になりそうだ。
師匠の相棒である魔狼ハーゲンはここで残り、師匠を守るとのこと。
ハンイットは師匠の置手紙をもとに、今度はスサンナという占い師のもとへと旅立つ。

 

・剣士オルベリク 第2章

エアハルトを知るというグスタフの足取りを求めて武闘大会の街ヴィクターホロウへやって来たオルベリク。
そこで武闘大会の出場者にグスタフがいるということを知る。
どうやって接触しようか考えていたオルベリクのもとにやってきたのは興行主のセシリー。街中でいろんな人をボコボコにして回って本線出場者もぶっ飛ばせば本戦に出られる、本戦に出ればグスタフと話す機会がある、セシリーも自分の推薦者が勝ちあがれば評判が上がってwin-win、という話をもちかけてきた。街中で喧嘩ふっかけまくるなんて恐ろしい作戦だぜ……!
てかハンイットのときもそうだったんだけど、喧嘩売るスキル持ちの二人はストーリー上で無理やりタイマン張らされることがあるから、ある程度はレベル上げてないと辛そうですねw
それに従って街中で暴れ周り、見事武闘大会への出場&優勝をキメたオルベリク。
ここはダンジョンなくて武闘大会でのボス3連戦(途中休めるけど)なのがめっちゃ面白かったです!
「1対1の男の戦いだ!」みたいな感じでバトル突入するのに実際の戦闘はいつものパーティ戦なのはちょっとズコーってなって笑っちゃいましたけどww

f:id:kokochia:20180723185451j:plain

↑この後無茶苦茶パーティバトルした


システム的に仕方ないんですけどねww
ここ、街中で戦う本戦出場者の海賊から、実際に大会で戦う人たちまで、みんな爽やかなのがすごく気持ちよかった!
負けても誰も泣き言いわないし、勝者を讃えてくれるんですよ。そういや最初の山賊も気持ちいいやつだったよね。

 

大会後、グスタフからエアハルトの話を聞くと。
エアハルトが元々いた辺境の町は、王に見捨てられたため滅びていた。そのため国と王を恨んでおり、元々騎士団にきたのも復讐のためだった……。
まあそうだと思ってた! 王道ですね。
オルベリクはグスタフから聞いたエアハルトの所在地に向かい、直接話を聞きに向かう。
どういう結末を迎えるのかな。気になります!