お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

幻奏喫茶アンシャンテ ミシェル・アレックス 感想

すべての謎が明かされるミシェルルートでした。
いやーアンシャンテ、面白かった!

f:id:kokochia:20191025184427p:plain

以下、ネタバレあり感想です!
 
いつも明るくチート魔王のふりをしていたミシェルですが、実は魔王ではなく、というかアスモディアの魔族ですらなかった
自らが「終わりの世界」と名付けた灰だけの世界からやってきた、全てを灰に変えてしまう「化け物」で……さらに言うならばそこの出身ですらなく、元は数年前の「創世記」の人間
イルルートで数万年前に人間がやってきた……って話、なんなんだろうと思ってたら、ここで綺麗に明かされて滅茶苦茶気持ちよかったですw
にしてもミシェル、数万年もたった一人で多くの人が苦しんで死んでいくのを看取り、墓を作って生きてきて、あの楽しいアンシャンテでの日々の間も、夜はずっとあの灰の世界に帰って化け物として過ごしてたんだなぁ……って思うと、普通に泣けてきて大変でした……。
同じく、全てを殺す「灰の世界」そのものとして存在してきたノアも切ない。
最後に琴音が「人間対人間」としてノアの告白を受けて、きちんと断る……って流れが本当に良かった。
 
それにしても、人外中の人外であるミシェルのルートでまさか琴音が人外になってミシェルが人間に戻るとはなぁーw
先にミシェルが人間に戻った時は「おっ、人間同士の恋愛になれるのか!?」って一瞬期待してしまったw
凛堂ルートも凛堂さんが人外になっちゃったし、このゲーム、徹底して「人外」と「人間」っていう組み合わせになっちゃうんですねえ。
凛堂ルートでもちらっとは触れられたけど、ここではじめて明確に人間(ミシェル)の方が先に死ぬ、いつかは人外(琴音)が看取ることになる……ってのが明言されたのがすごく切なかった。
ミシェルは生まれ変わってくるから絶対に絶望せずに待っててねって言うんだけど、それがまたさ……そんなわけないじゃん~ってのが、二人とも本当はわかってそうで、でも楽しそうなのが辛くて……いや勝手に裏側を想像してるだけなんですけどw 勝手に妄想して勝手に切なくなってしまって、ラストびーびー泣いてしまいましたww
いやハピエンなんですよ!? ちゃんと明るくて!! でもさ~~~!!!
琴音は人外というか、それすらも超えて「世界」になっちゃってるから、他の人外連中と比べても寿命とか、死の概念がなさそうだし。
人外仲間の中でもさらに一人だけ生き残っていくのかなあって考えると、やっぱり切ない。
アンシャンテが続いていくとしても、いつか常連総入れ替えになる日が来たりするんだろうなぁ……。
 
ミシェルルートは大団円ルートっぽくて、カヌスの世界樹も、イグニスのドローミも、イルの神様も、凛堂のくーちゃんも、綺麗に解決していくのがよかったですね!
まあこのルートでどんだけハッピーな解決してもイグニスルートのドローミだけは許せないけどな!? 琴音のことズタボロにしてボコボコに殴る蹴るの暴行を加えたこと絶対忘れないからな……!!! イグニスルートやってからドローミが当たり前の顔して出てくるたびに「おまえぇ~!!!(怒)」ってなってたよwww
あとは個人的に、イルは神様を別に殺す気じゃなかったけど、力を使いすぎて勝手に死んじゃってた……ってのがイルらしくて好きでした!
 
ミシェルが勝手に立場を借りていた本当の魔王・アスモデウスのキャラがよくて攻略したくなった……!
基本バカでうるさくてノリノリなんだけど、いざというときはちゃんと琴音を背後に庇ってくれたり冷静な判断をしてくれたりで、ちゃんと頼りになるし!
 
にしてもいやーアンシャンテ、よかったー!
まあぶっちゃけ! 当初公式サイトとパケを見て抱いてたイメージとは全然違いましたけど!?w いい意味で裏切られて、よかったです!
さて、あとは総評だー!