お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

デスカムトゥルー 総評/感想

deathcometrue.com

とあるホテルの一室。
ベッドに横たわる、1人の男。
けたたましく鳴り響く電話の音で目が覚める。
電話をとるとフロントからのメッセージ。
「お困りのことがあればいつでもフロントまで」
男は、自分がどうしてここにいるのかわからない。
というか、何も思い出せない。
ふと、まわりをみわたすと、縛られ気を失っている女性。
テレビから流れるニュース映像。
そこには、連続殺人犯として指名手配されている男の姿が。
そこへ、ドアをノックする音。

f:id:kokochia:20180720101505g:plain

 

 

<システム・グラフィック>

ゲームと言うより、選択肢のある映画……ですね。
というかまずこれをゲームと定義していいのか怪しいw
基本的には流れている映像を見るのがメインで、たまに出てくる選択肢を選ぶだけです。
文字表示はないので、既読とか、バックログとか、そういう概念はそもそもない。
その代わり、10秒刻みで早送り・巻き戻しが自由に出来ます。
セーブもオートセーブのみ。

 

グラフィックはオール実写の映像なので、いいも悪いもない。そのまんまですねw
役者さんはみんな演技が素晴らしくて◎。キャスティングも凄く良かったです!

 

オマケとして、メイキングオフショのムービーがあります。映画DVDのオマケによくついてるあれですね。
結構いっぱい入ってるので、お得感あります!


<ストーリー・キャラクター>

とあるホテルの一室で目覚めた主人公。何故ここにいるのか、自分は誰なのか、記憶が全くない。
部屋には縛られた女がおり、テレビのニュースからは連続殺人犯として指名手配されている己の姿が! ……という感じのお話。

 

いかんせん短いうえネタバレ厳禁なゲームなので、シナリオについては触れづらい……w
何言ってもネタバレになっちゃうんだもんなあw
面白い話ではありました!
とにかく安いうえ短いので、気になるなら色々調べて悩む前にサクっと買ってやっちゃうのが手っ取り早いと思いますw
ゲームプレイは、フルコンするのに2時間ちょいくらいかな。
オマケを全部見ると、トータルで3時間くらい。プレイ時間から見ても、映画っぽいですね。


お値段分の価値はあるし、本当に面白い試みのゲームだったと思います。
下手な映画を見るよりかは面白いし、お得な気がする。
キャストの演技も良かったし、まさに映画とゲームの融合って感じです。
このゲームを作ろうと思った心意気は評価したいし応援したい……でもこの作品そのものがめちゃくちゃ面白かったか? と言われると……うーん……w
なんというか、中途半端なんですよね。
映画とするには、選択肢やなんやかやのゲーム的要素が没入感を削ぐ
ゲームとするには、感情移入できるほどの細やかさがシナリオにない。短いので掘り下げがなく、キャラクターの関係性も表面的なままで終わっちゃうんですよね。
もう少し長く、丁寧に描けていれば変わったのかもしれませんが、そうすると映画というコンセプトと反するし、恐らくなによりも、実写であるが故にコストがかかりすぎる……。
プレイしていて、そういうものが見え隠れしました。

トータルすると、惜しい作品であったなと思います。
試みそのものは評価したいのですし、このゲームの進化形は見てみたいので、売れては欲しいんですが、オススメか? と言われると……まあ、難しいですw

 

以下、シナリオについてのネタバレありでの感想。物語の核心を突くネタバレはないですが、念のため反転にて↓
なんというか、シナリオのつくりがちょっと雑だな~と思ってしまった。
サブキャラであるクルシマやミノウ、意味深な登場をするしめっちゃいいキャラしてるんですが、びっくりするほど話に絡んでこない。
いなくても余裕で話が成立するんですよ。ていうかほんとに話に関係ない。
クルシマなんて選択肢ミスらないと出てこないので、わたしは初回、姿も見ずにエンドを迎えましたw
ゲームを彩るバッドエンド要因ではあるんですが、マジでそれでしかなく……。あんだけ大々的に宣伝されてるサブキャラですらこんな扱いなの!? って素でびっくりしてしまった。
そういった感じでキャラの繋がりもほとんどないし、ほんとただキャラが立ってるだけっていうか。
話の大筋はいいんですが、全体的にそんな感じで。
ゲームであり映画でもあるという関係が、ことシナリオにおいては足を引っ張り合ってるなと思いました。