お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

サンドリヨンパリカ 綸燈[リンドウ]=ウェステリア 感想

物語の核心に迫る攻略制限組その2のリンドウさんです。
リンドウさん初見からずっと思ってたんですが、髪形一体どうなってるんだろう
おかっぱ+超長いしっぽ三つ編み……? おかっぱ部分だけでほぼ全ての髪量が見えてるように思えるんですが、後ろの毛だけでそんなボリュームある三つ編みができるもんなのか……? そしてそのヘアスタイル、解くと姫カットになってしまうのでは……? ていうか後ろの三つ編み必要だった???www
さて、以下はネタバレあり感想です!

f:id:kokochia:20181026164226p:plain

 

 

時計塔の番人なので、入れて欲しいというお願いをするのが一番自然なリンドウ。
割とすんなり入れてくれるのですが、裏があり。薄々そうじゃないかとは思ってましたが、実はリンドウはカシカと繋がっていた
そしてやはり、アストロラーベを0時にするというのは、呪いを世界中に広げてしまう行為だった。カシカは呪いを解きたがっていたのではなく、広げたがっていたのです。趣味のこともあり、その行き着く先を知っていながら、ハイリに協力することにしたリンドウ。
そんな裏側を知らないハイリは大人で優しいリンドウに惹かれつつ、アストロラーベの針を進めていきます。
また、同時に世界中に触れると狂犬病のような症状を引き起こす「九花病」をばら撒く新種の蝶「九花蝶」が出没するようになる。

 

ある日、ハイリはリンドウの私室のクローゼットの奥に謎の空間が広がっているのを見つけてしまう。
その奥に広がっていたのは……ガラスの死体の標本室。リンドウは蝶の標本と同じく、ガラスの呪いで死んだ人々の死体も集めていたのです。
それを見たハイリは気絶し、ショックで記憶を失ってしまう。
「九花病」の蔓延や記憶喪失になったのをいいことにシオンも丸め込み、家に住まわせてハイリを見張ることにしたリンドウ。
何も覚えていないハイリは優しくしてくれるリンドウに惹かれていき、またリンドウも少しずつハイリへの執着を深めていきます。

 

ある日ハイリは試されるかのように、リンドウに「標本室」へと連れて行かれる。また、そこでリンドウの過去にも触れることになります。
リンドウはかつてナトラと別々に引き取られ、番人となるべく厳しい教育を受けていたのですが、その教育者が「ハズレ」で、虐待紛いのことをされていた。
そんなリンドウを救ったのは、「呪い」だった。ある日、教育者がリンドウの目の前でガラス製品を落とし、ガラス化の呪いで死んだのです。救われたこと、死ねば醜悪だった人間もガラスになり美しくなること、色々な要素が重なって、リンドウは死に執着し、人には言えない「趣味」を持つまでに歪んでしまった……。
全てを知ったハイリは、後日記憶を取り戻しますが、「その趣味は悪いことだと思うし理解することも出来ないが、そうなるしかなかった状況を責めることはできないし、わたしも同じようになっていたかもしれない」というスタンスでリンドウを受け入れます。
ハイリ、ほんっと男前だなあ……。ここ、「いけないこと」だってきちんと言ってくれるのがよかったですね。
リンドウルート、「趣味」がヤバすぎてどう処理するんだろうなあと思ってたら、記憶喪失にしていったんリセット、そこからまた関係を築いて……ってしたのが、話の組み立てがうまいなぁ~と思いました!

 

さて。
ハイリに受け入れられたリンドウは、「変わる」決意をしてカシカと決別。
すると目の前にハルモニアが現れ、呪いの元凶は「透櫻」であると教えてくれます。過去と決別し呪いを解くため、透櫻を散らすことにした2人。ただ、透櫻は切るとそこから煙のようなものが出て、それに触れるとガラス化してしまうようです。

 

近くにいた巨大に成長した九花蝶を使うことで透櫻を滅ぼすと、呪いが無事解けて純愛ENDへ。
リンドウは無事「趣味」を卒業し、ものすごいイチャつきつつエンディング。

 

ハイリがリンドウの剣を奪って透櫻を切ろうとすると、リンドウが怒って気持ちを翻し、解呪をやめて哀哭ENDへ。Mが九花病で死んでしまったため、進むようになってしまったアストロラーベの針を少しだけ戻させつつ、相変わらず趣味を続け、2人の関係も病んでしまっている……。

 

リンドウルート、ただただあらすじを書いただけになってしまった。
なんだろう、盛り上がりが無くて……w
もうこれ感想じゃねーよ! あらすじだよ!! って思いながらも書くこと無くて何も書けなかったwww
趣味ネタが大きい割合を占めてるんだけど、大体予想通りだったってのもあるし、あとリンドウが割と最初からハイリにベタぼれな感じがするのが一番大きかったかなあ……。ずっと接する態度が変わらないから感情の動きが伝わってこないし、突き放すシーンとかないしね。
中盤くらいまではもっとドライでよかったんじゃないかなーと思います。せっかく裏の顔との落差が大きいキャラなのに、全然冷たい態度が無いのがほんともったいない!
あと立ち絵がメインの1枚以外ほぼ全部崩れてたのが辛かった。横とかナナメが苦手なのはわかるけど、立ち絵はずっとお付き合いしていくものなんだから頑張ってくれ~~~!!! って思いましたww
あっ、過去編のスチルのリンドウさんは最高でした!!!

 

さて、最後はいよいよカシカ! 一体お前は何を企んでいるんだー!!!