お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

サンドリヨンパリカ 泣虎[ナトラ]=ピオニー 感想

ナトラ可愛い。
ナトラ可愛い。
大切な事なので2回言いました。
以下、ネタバレあり感想です!

f:id:kokochia:20181026164221p:plain


ナトラは時計塔に出入りできる門番なので、お願いするのは割と自然な流れ。
ストレートにお願いしたところ断られてしまったため、仲良くなればお願いを聞いてくれるのではないかということで、ナトラにハニートラップを仕掛けよう大作戦を決行することに。ここでもうだいぶ展開が読めますね!
グミが好きで、兄のリンドウが大好きなナトラ。行動がエキセントリックすぎてあまり友人がいないらしく、仲良くなりたい発言に大喜びこのルートはひたすらナトラが可愛すぎるルートだった……。なんかもうとにかくピュアなんですよね……。
これでこの人、実は年上なんですよw ハイリが19歳、ナトラが23歳。パリカは割と年齢層高めですよね。

 

かなり仲良くなったところで、再度お願い。
今度は話をきちんと聞いてくれるが、やはり断られる。
理由は、家族であり、ナトラにとっては絶対であるリンドウが嫌がりそうだからというもの。
いくら仲良くても友達よりは家族を優先するだろう、と。恋人なら? という問いにも、恋人でも赤の他人だし家族を優先すると言う。
ところがハイリが諦めかけたその時! ナトラから爆弾が投下される!!!
「奥さんならいいかも。婚約しよう」
超展開すぎて笑った。
え、いきなりw 婚約ww ハイリちゃんわけがわからぬまま思わず同意してしまうんですが、混乱しまくってて、プレイヤーであるわたしとのシンクロ率がすごかったwww
婚約しても関係は別に何が変わったわけでもないんですが、とにかくお願いを聞いて時計塔に入れてくれることになり、針も無事進められる。

 

最初こそ打算で仲良くしていたものの、その純粋さに惹かれたハイリは、ナトラを騙していることに罪悪感を覚える。ナトラが言い始めたことはいえ、人生を左右する婚約者にまでなってしまい、早く別れたほうがいいのかもしれない……等とエリスとカフェで話していると。それを運悪くナトラに聞かれてしまう。うかつか。いつもは家とか店でしか話してないのに何故あえてその話を外でするんだよって思いましたw まあ定番の展開なんですけどねw
傷ついたナトラは、ハイリから離れてしまう。

 

ところがどっこい、裏ではナトラもそこそこ強かなんですよね。
実はナトラには呪いを解かせる気は全くなかった。複数回に渡って針を進めなければいけないのを逆手にとって、何回かだけやらせて最後まではいかないようにしようと思っていた。というのも、リンドウが裏で呪いを利用して何がしかを行っており、ナトラはそれを手伝っていたから。
でも、ナトラにとってはリンドウだけが唯一絶対で、優先すべきことだったはずなのに、ハイリのことも同じくらい大切になってきていたことに気が付くのです。

 

誠心誠意謝り、己の両親の死という秘密も語ったハイリを許し、ナトラも自身と兄の秘密を語る。
仲直りできたと喜んだもつかの間、ハイリに秘密を話したことを吐露すると、リンドウが激怒。ハイリは毒を投与され、体の自由と声を奪われてしまう
ハイリを害するリンドウに対しナトラは初めて叛意を翻しますが、リンドウはナトラに「利用できるからしていただけで、お前でなくてもよかった」と言い捨てて去っていってしまいます。
ここ、リンドウに捨てられたナトラがハイリの元で泣くシーン、声優さんの演技がすごすぎてめっちゃもらい泣きしました……。すごくない? ここ泣かずにおれなくない?
ここのシーンだけ5回くらいリプレイしちゃいましたよ。

 

絶望するナトラですが、ハイリのために呪いについての調査を進め、粘ってリンドウからも解毒剤を入手。ハイリも無事復活。精神的にも「兄離れ」をしたところで、調べた方法で解呪を行うことになります。
その方法は、「解呪」というよりは「呪いの封印」時計塔の中と外から同時に鍵をかけることで、呪いを封じ込めるというもの。
ただ、時計塔の中に入った人間は二度と出てくることが出来ない……。

 

中に入ろうとするナトラをハイリが引き止めると、リンドウが登場。本当はナトラを大切に思っていたこと告げ、ナトラの代わりに中に入って封印を施し、純愛ENDへ。
呪いが解けた世界でハイリとナトラは今度は本当の婚約者として幸せに過ごす中、リンドウを助ける方法を二人で探しつづける……。

 

引き止めないでいると、「お前の気持ちはその程度だったのか」とナトラが激怒。ハイリを無理やり連れて時計塔の中へ入って封印を施し、哀哭ENDへ。
恐らく解呪=呪いの封印は成功したのであろうが、時計塔の中からでは何もわからない。
ハイリは狂ったように扉を叩いて助けを求め続けるが、最後には諦め、ナトラと二人で狂気に墜ちる……。

 

ナトラのキャラや心情の動きはほんとによかったんですが、ルートの展開そのものが雑なのと、ハイリの行動がちょっとな~って思ってしまいました……w
そもそももうハニトラの時点で個人的にはウ~ンだし……。
一番雑ゥ~!って思ったのはエンディングですけどねwww どっちも唐突すぎるwww

 

中に入って封印されなければならないってのにそこに至るまでの葛藤が全くないし、リンドウが犠牲になってるのにすごいキャッキャいちゃついてるのもちょっとモヤる
哀哭ENDでナトラがキレるのもいきなりすぎて、え? ってなってしまいましたねw
というか、「大切なものは宝箱に封印しなくちゃいけない」って話が最初のほうに出てくるので、哀哭ENDはてっきり呪いはもうシカトしてハイリをどっかに「封印」するのかと思ってました!
封印ネタここのための仕込みじゃなかったのかよ!(途中で兄離れには使うけど)
結局「兄弟の秘密」もナトラルートではわからないのもすっきりしない。まあリンドウのネタだということなんでしょうが、出すならもうちょっと明かしても! という気もしないではなかったり。
なんにせよルートの展開はここまでで一番雑だなぁ~と思いましたw まあナトラが可愛いから許したんだけどな!

 

さて、わたしはリンドウをお楽しみにとっておくことにしたので、次はエラくんです!