お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

ペルソナ5 ザ・ロイヤル 総評/感想

神ゲーが進化してさらなる神ゲーになって帰ってきた!

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2019/10/31
  • メディア: Video Game
 

今、「心の怪盗団」を名乗る者たちが、大都会・東京を騒がせている。
怪盗たちが“盗む”のは、歪んだ欲望を抱く、悪い大人の“心”。
彼らから予告状を送り付けられた人間は、ことごとく「自らの罪を告白し、改心してしまう」ようだ。生徒に暴言暴行を働く教師、詐欺まがいの悪徳金融、盗作上等の芸術家…怪盗団のターゲットは、そんな腐った大人たち。
前代未聞の世直し劇が、いま始まる。

f:id:kokochia:20180720101615g:plain

 

 

<システム・グラフィック>

当たり前ですが基本的にはペルソナ5と同じなので割愛。
詳しくはペルソナ5の総評を見てください。

kokochia.hatenadiary.jp

 

なんというか、システムに関してペルソナ5無印の段階で既にこれ以上は望めないんじゃないかと思えるくらい快適だったのが、Rでさらに快適になってびっくりしました。
痒い所に手が届くを超えて、「ここって痒かったんだ……」って気づかされる感じとでも言いますか。「日常アシスト」機能とかね。
改めて、本当に丁寧に作られているゲームなんだなあって感じました。

 

ADV部分としては、3学期の追加が大きいですね。
ただこれに関してはネタバレの部分しかないので、特に語れることがないですw
強いていうなら3学期追加+夜行動の大幅制限緩和によって、全ステータスMAX&全コープMAXが無印よりもさらに容易になったことですかね。妖怪「もう寝ようぜ」に悩まされることがなくなりましたw
吉祥寺をはじめとして、新しく追加された街や店もよかった!

f:id:kokochia:20191211234143j:plain

ダーツなんかのミニゲームも面白かったし、ジャズバーで味方のペルソナに本来なら得られないはずの新しいスキルを覚えさせられるのが戦略の幅を広げてくれました。

 

パレスでの新要素である「ワイヤーアクション」「イシ」もよかった! 特にワイヤーアクションはかっこいいし、便利。

f:id:kokochia:20191211234225j:plain
ダウンさせないと強い反撃をしてくる代わりに、倒すと爆発してその他の敵を攻撃してくれる「凶魔」もいい感じのアクセントになってました。
ペルソナに「特性」がついたのも大きかったですね。
疾風系のペルソナは疾風スキルがコスト半分で使えたりの「特性」がつくようになって、それがペルソナ合体で継承もできるようになったんですよ。これも便利ですっごい良かった。
あとは特殊攻撃としてランダムで発生する「SHOWTIME」! も~これが見応えあってねえ!

f:id:kokochia:20191211234317j:plain
簡単に言うと、PT内の2キャラが小劇場を繰り広げて敵1体に対して万能属性強攻撃をしてくれるってものなんですけど。
この小劇場がめっちゃ凝ってて、面白いw 2回目からは飛ばせるんですけど、面白すぎて普通に毎回見てましたw 衣装チェンジも反映されるしね。

 

それと、個人的に特筆すべきなのは無印では悪スキル代表格みたいな感じだった竜司の「瞬殺」が最高のスキルになったこと!
ダッシュで敵とぶつかるだけで経験値もお金もペルソナも手に入る神仕様に! メメントスの探索がこれでどれだけ捗ったことか……。

f:id:kokochia:20191211234353j:plain
バトンタッチやテクニカルも進化してて……というかもう、細かいところ挙げていくときりがないw
とにかくめちゃよくなってましたよってことです!(雑)

 

あとは「マイパレス」のギャラリーもすっごくよかった。
ゲーム内で特定要素を満たしたり、「マイパレス」で大富豪をしたりするとポイントをためるとが出来て、そのポイントを使うと設定資料やゲーム内で出てきた各種グラフィック、記念イラストなんかがじっくり堪能できるようになるってオマケなんですけど、総攻撃イラストやラフ画なんかが見られるのがすごく嬉しかったです。

f:id:kokochia:20191211234437j:plain

 

P5R、難点を上げるなら、あまりにも便利になりすぎたが故に相対的に難易度が下がったってところですかね。
あくまでノーマルでの話なので、難易度を上げた裏ボスとかになるとまた話が違うんでしょうが、プレイヤーを殺しに来ていたアトラスはもういないと思って間違いなさそうな気がします。


<ストーリー・キャラクター>

基本的にはP5と同じです。特筆すべきは3学期新キャラ「芳澤かすみ」と「丸喜拓人」の追加。

f:id:kokochia:20191211234551j:plain
シナリオに大幅な変更があるのは3学期が主ですが、それ以前の1~2学期にも細々と新イベントや新会話が追加されていて、思ったよりも変化あるなって感じ。
おかげで、無印をがっつりやったしRは飛ばしながらやろうと思ってたのに、普通にじっくりプレイしてしまいましたw
無印をプレイされた方はどうなるんだろうと思っているかもしれない例の人の扱いも、すごくよかったです。
かすみと丸喜の存在もよく馴染んでいましたし。
P4Gのマリーの時もそうでしたが、アトラスはこういう追加キャラの扱いが本当にうまいですよねぇ。

 

思ったのは、P4→P4Gは文字通り完全版というか、シナリオ補完の側面が強かったのに対して、P5→P5Rは完全版というよりもifルートっぽかった、ということかな。
3学期のシナリオについては、結構考えさせられるものになっているかと思います。
あんまり語るとネタバレになっちゃいそうで、加減が難しいですねw
個人的にはすっごいよかったです!

 

ただ、メインシナリオには直接関係しない細やかなところとはいえ、結局最後まで解決しない謎があるのがちょっと難点かな。
特に今回は「完全版」なので、3や4の時のように綺麗に締めておいてほしかったなあと思います。
「シナリオが不完全だ!」って思うようなものじゃないんだけどね。「結局あそこってどうだったんだろ?」ってちょっとしこりが残るみたいな。
また別の番外編で解決するのかもしれませんが、もしそうだとしたら個人的に外伝にまで持ち越しちゃうのはちょっとな……と思うので。いや、持ち越されないかもしれないけどw
あとはネタの仕込みじゃなさそうな矛盾もあったりして、ちょっと気になってしまいましたw

 

まあ「強いていうなら」程度なので、総合してめっちゃ面白い話だったということに間違いはないです!
同じゲームをここまで昇華できるのは純粋にすごいなと思いました。
ぶっちゃけて言うと値段は高いですが、それだけの価値はあったなあと思います!


ただ、あくまで「P5の完全版」なので、既プレイ者でやろうかなと思われている方はそこをしっかり念頭に置いて手を出した方がいいかと思います。
アマゾンとか見てると、その点で低評価をつけている人が多かったので、ちょっと気になりました。
別ゲーレベルのものをやりたい、追加要素だけやりたい、P5をもう一周したくはない、そういう人には合わないと思います。
P5をやったことない人には手放しでお勧めできます! この機会に、是非!!!