お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

十三機兵防衛圏 総評/感想

 

十三機兵防衛圏 - PS4

十三機兵防衛圏 - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: Video Game
 

「緊急速報をお伝えしています。隕石のように飛来してきた大型の未確認物体は建物を壊しつつ、現在も・・・・」
TVキャスターが日常の終焉を告げる。
逃げ惑う人々の中、押し寄せる絶望に立ち向う少年少女の姿があった。
彼らは「機兵」と呼ばれる巨大なロボットに乗り込み、人類の存亡をかけた最後の戦いに身を投じる。

f:id:kokochia:20180720101615g:plain

 

 

<システム・グラフィック>

本作はADVパートである追想編」戦闘(RTS)パートである「崩壊編」、TIPSやまとめなどが記載されている「究明編」の3パートに分かれています。

f:id:kokochia:20191211230109j:plain

 

追想編」では主人公13人の回想を順番に行っていく。途中「他キャラの進行度」や「崩壊編の特定パートクリア」の要素でロックがかかるので、どれも並行して進めていく感じになりますね。
選択肢もありますし、攻略順によって見え方の違いはありますが、シナリオに分岐などはなく、一本道追想編にはフローチャートがあり、分岐しているように見えますが、結局のところ全部見ることになります。

 

「崩壊編」はいわゆるRTS(リアルタイムストラテジー)ってやつなんですかね。リアルタイムで刻々と侵略してくる敵(怪獣)を、機兵に乗った主人公たちで迎え撃つという感じのバトル。敵を全滅させるか、2分間「ターミナル」と呼ばれる拠点を守り切ると勝ちになります。

f:id:kokochia:20191211230154j:plain
リアルタイムで動くというと難しく思えるかもしれませんが、キャラクターの行動を選択している間は時間が止まるので、割と余裕はある感じ。迷ったらとりあえずコマンド選択画面で止めておけばいいのでw
わたしはノーマルでやってまして、最初のうちは簡単でつまんないな~って思ってたんですが、後半になってくるとバリアを張る敵がいてそいつを真っ先に潰さないと厄介だったり、アーマー持ちの敵がいてそれは近接機兵のパンチで葬り去らないといけなかったり、でもそいつは空を飛んでいたりするからまず地上に落とす必要があったり……と色々戦略を立てないといけなくなる。
段々難易度が上がっていって、それに従ってやりがいも出てくるという、スルメなバトルでした!
ただ、やっぱりどうしてもちょっとワンパターンになってしまいがちなので、つまらないわけではないですが、めっちゃ戦闘面白い! というわけではなかったですw(個人的には)

 

「究明編」は基本的にはTIPSみたいなもんですが、シナリオの進み具合によって更新されていって、それがかなりまとまっていてわかりやすいために、適宜読んでいった方がいいなと思いました。
本作は登場人物が多い&時系列がごちゃごちゃでかなり全容が掴みにくい構成となっているので、随時見ていった方が圧倒的に理解しやすいかと思います。

 

グラフィックはもうね~~~THEヴァニラウェア! って感じで文句なしです!!!
繊細な2Dグラを描かせてここに敵うところ、ないんじゃないかレベル。

f:id:kokochia:20191211230254j:plain

本作は特に昭和っぽいレトロな色味や隙間から差し込む美しくて繊細な光の表現が抜群で、最初っから最後まで最高に眼福でした。
ヴァニラウェアといえば、の飯テロ画像も健在w

 

<ストーリー・キャラクター>

様々な時代を舞台に、13人の少年少女がそれぞれ運命に立ち向かうSF群像劇。
時代が、人々が、立場が、状況が、そして思惑が、ありとあらゆる要素が恐ろしいまでに入り乱れて話が進むので、かなり複雑です。
最初はまず主人公13人もいるうえにサブキャラもいて全然覚えられん、キャラ多すぎでしょ……と思ってたんですが、話を進めていくとイメージがガラッと変わる
シナリオのあまりの緻密さにただただ脱帽せざるを得ない
謎が謎を呼び、終盤になるまで進んでも進んでも全容が見えず、話について行くのに必死なくらいなんですが、それが最後綺麗に畳まれる快感が物凄かったです。
このシナリオを破綻なく練り上げたのは驚嘆の一言。
各所に散りばめられたオマージュも豊富で、SF好きならまず間違いなく楽しめると思います。
話はややこしいですが、究明編で見られるTIPSやまとめが優秀なので、そこをきちんと読んでいけば思ったより混乱せずに進められるのもよかった。
ただ、そういう自発的な理解への努力をサボったり、話を漫然と追いかけていくだけだと100%楽しむのは難しいかもしれません。
個人的にはシナリオは本当に満点でした!!!
強いて言うならば、最後の最後の落ちだけはちょっと陳腐だったかなあと……。好みだとは思いますが。

 

キャラクターは、13人の主人公と、それを彩る様々なサブキャラ達。
わたしは主人公の中だと網口くん奈津乃、サブキャラだとBJが好きでした!
シナリオも奈津乃編が好き。SF好きの少女奈津乃が憧れのロボットと遭遇して、その手伝い(?)をするために奮闘するって話なんですが、SFが好きな奈津乃の思い込み暴走特急っぷりとBJのやり取りが可愛くて癒される。

f:id:kokochia:20191211230511j:plain
多種多様なキャラクターがいるので、みんなひとりはお気に入りができるんじゃないかなと思います!

 

十三機兵、戦闘パートだけはちょっと独特なので好みが分かれるかもしれませんが、イージーにすれば引っかかることなくサクサク進められると思うので……。イージーにしても別段デメリットはないですし。
ある程度進むともはや何を語ってもネタバレになってしまうのでその魅力が非常に説明しづらいゲームではあるのですが、とにかくマジで話が面白いので、気になるなって人はぜひやってほしいです。めっちゃオススメ!