お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

遙かなる時空の中で6 ルードハーネ 感想

あっ、思えば遙か6で元号を跨いでいたんですね……。
平成最後の感想も、令和最初の感想も、遙かなる時空の中でということで!
元号でも、よろしくお願いします!(?)
一発目の感想はルードハーネ君!
残念ながらわたしショタ属性が全くないのですが、それでもルードルートはほんっっっとによかった!!!
以下、ネタバレあり感想です。

f:id:kokochia:20190321145213j:plain

続きを読む

遙かなる時空の中で6 萩尾九段 感想

前半4人/後半4人と分けて同時攻略していたので、後半開始したらさすがにちょっと時間かかっちゃいましたねw
シナリオをきちんと味わうためには一人ずつがいいんだろうけど、戦闘スキップ駆使しても飽きちゃうんだよなあ……。時間もかかりますし。
遙かシリーズ、面白いんですが、後半になるにつれてどうしても作業がめんどくさくなってしまうので、最初の3人くらいは普通でいいんですが、それ以降は訪問とかももうなしにしてシナリオだけ追わせてほしいな~って思ったりもしますw
わがままですがw
開幕、名前が九段だからとかいう謎な理由で九段から始めようとしていたんですが、九段ルートはちょっと真相(?)寄りだよ~と聞いていたので、後の方に回してみました!
以下、ネタバレあり感想です!

f:id:kokochia:20190321145220j:plain

続きを読む

遙かなる時空の中で6 ダリウス 感想

遙か6、ずっと止まってたんですがやり始めると面白くてとまんねーなって感じです……w
いやほんとなんで止めてたんだろう。ってほかの事に気を取られてたからなんですが。
そういや華アワセも届いたので、遙か6一通り終わったら、ロンドに行くか華アワセにいくか悩んじゃいますねえ。
華アワセは花札が結構時間かかるみたいなので、先にやっちゃおうかな?
まあそれは後で考えるとして、ダリウス様ルート感想いきます!
以下、ネタバレありです!

f:id:kokochia:20190321145202j:plain

続きを読む

遙かなる時空の中で6 コハク 感想

がんがんいきますよ! コハクルートです。
戦闘スキップするとめっちゃ早いんだよなwww
感想を書かないと次のキャラにいかないという個人的な制約を課しているので、プレイよか感想を書くほうが時間かかってるんじゃないかってくらいですねw
いや制約と言うか、記憶が上書きされて単純に忘れちゃうんだよな……バカだから……ハハハ!!!
以下、ネタバレあり感想です!

f:id:kokochia:20190321145205j:plain

続きを読む

遙かなる時空の中で6 片霧秋兵 感想

お久しぶりです!!! 滅茶苦茶間が開いてしまった~!
ほんとはさくさくいこうと思ってたんですが……あっ、そういえばつい先日華アワセをポチってしまいまして!
1巻蛟編が売り切れで再販されるのを待とうかと思ってたんですが、最終巻が出るまで再販はされないらしく……痺れを切らして買っちゃいました!
ていうか、長らく待たせていた最終巻が動き始めて、わたしのように新規で興味を持ち始めた人もいるなか最初の巻が絶版って商売下手にもほどがあるだろって思ってしまうんですが……w
問い合わせた方の話によると、最終巻の発売時に再販する予定はあるらしいんですが、それじゃ遅いんだよなぁ~!? 今だろ、今! て思うんですよね。
現にわたしも手に入らなくて中古で買わざるをえなかったし……。
まあ、もうしょーがないんだけど!
そして勢いであとの2つも気付いたらポチってしまってましたwww
届くのが楽しみです!
で、遙か6の二人目の秋兵さん! 以下ネタバレあり感想です。

f:id:kokochia:20190321145208j:plain

 

続きを読む

遙かなる時空の中で6 有馬一 感想

ということで、久々乙女ゲー! 遙か6買いました~!
こちら、リクエストボックスからもリクエスト頂いてました。入れてくださった方、ありがとうございます!

 

滅茶苦茶久しぶりのネオロマだったんですが、なんというかあまりのピュアさに魂が浄化されそうになりましたね……。
わたしゃもうほとんど怨霊になっちまってたよ……。
ということで、以下ネタバレあり感想です!

f:id:kokochia:20190321145157j:plain

 

続きを読む

古書店街の橋姫 総評

 

f:id:kokochia:20190315103212j:plain

大正十一年六月 梅雨の神保町。
会津から上京してきた玉森は、帝大合格を目指す浪人生。
しかし底知れない空想癖とだらしない性格が災いし、たった二年で下宿先に見限られてしまう。
とある縁で古書店・梅鉢堂に住み込みで働くことになった玉森は、同郷の親友らに甘えながらも浪人生という猶予期間を謳歌していた。
そんな中、頼りにしていた親友の相次ぐ自殺と怪死。
雨の降る三日間をなぜか繰り返していることに気づいた玉森は、彼らを掬うため神保町を奔走する。
何が現実で、何が幻覚なのか。
友人の死の謎を追う、ポップオカルトな大正ミステリー。

f:id:kokochia:20180720101615g:plain

 

続きを読む