お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動


GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the BestGRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the Best
(2013/04/25)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

4h.gif

タイトル長いw

「重力猫ダスティ」と出会い重力使いとなったキトゥンは、街を壊滅の危機に陥れる重力嵐と、謎の怪物ネヴィに立ち向かい、嵐に奪われた街を奪還するために奔走する。

もう一人の重力使いの少女「クロウ」をはじめとする強敵たちとの戦いを経て強く成長したキトゥンは、やがて街を狙う脅威の正体と、自身の失われた記憶の謎に迫っていく・・・

<システム>

Vita独自のジャイロ等を使用した重力アクションゲーム。類似のものは見当たらない。

重力を操る という設定で、①無重力状態にする→②定めた地点を「下」として、そこに向かって「落ちる」 ことができるというのが基本的な操作かな。

他にも、いろいろありますが。

最大の魅力は、この重力操作を使って、箱庭世界のような街を縦横無尽に駆け巡れるところ!

(街の外の、遠く離れたところは範囲外ですが)見える範囲で行けないところがない。

独特の箱庭世界を縦横無尽に駆け巡ることができてすごく楽しい。

あちこちにジェムという経験値のようなものがちりばめられているので、これを集めるために気づけば世界を隅々まで巡っている……という自然さも素晴らしい。

最初は操作が慣れなくて難しいですが、だんだん上達してきます。

タイムアタックなんかのミニゲームの点数がどんどん縮まっていくのが快感。

極めようと思えば裏ボスもいるし、タイムアタック・敵撃破数なんかをどこまででも高められる。

アクションが苦手でも、必殺技を活用すれば、ストーリーはクリアできる。

そういったちょうどいい難易度になっていると思います。

Vitaロンチタイトルは、Vitaの売りの一つであったジャイロ・タッチ機能を活用しようとした結果、ウザくなったり面白くなくなったり逆効果だったものが多かったような印象を受けましたが、今作はすごく自然にゲームに取り入れられているように感じました。

ジャイロが難しい人に向けての救済措置(他ボタン等に割り当て)もあるし。

グラフィックについては、Vitaは逆スクショ詐欺ともいわれるほど実機の映像>スクリーンショットなので、どこぞに載ってる静止画はあんまり参考にならないかも。

実際にプレイすると、驚くほどなめらかで美しいです。

ストーリー部分の漫画形式(ここもジャイロが活用されてて、傾けると登場人物の背後なんかも見える)もユニーク。

なんというか、衝撃のクオリティ

システムも世界観もグラフィックも、もんのすごく完成度が高くて、今のゲーム界でこんなにもすごいゲームが作れたのか……。

<ストーリー・キャラクター>

「重力嵐」という災害で周囲が切り取られており、「ネヴィ」という怪物が時折あらわれる世界。

記憶を失って街で倒れていた少女、キトゥンが主人公。

何故か近くにいた不思議な猫ダスティの力で重力を操ることができることに気が付いたキトゥンが、街を巡り歩いて住民の悩みを解決したり事件に巻き込まれたりしているうちに、重力嵐で切り取られた世界を取り戻していく……という話かな。

骨子はしっかりしてるけど、ストーリーそのものはアクションゲーらしくサックリすすんでいきます。

あっさりしてるけど練りこんでるなぁという印象。

キトゥンの正体やらなにやら、「これっぽいな」というものはチラホラ出てくるし、割とスッキリ終わるけど、最後までやっても、全ての謎が解き明かされるわけではないのがちょっと注意かも。

たぶん、続編を予定しているのかと。

統括すると、ハマった……!

一時期は狂ったようにこればっかりやってましたわ。

もうとにかく面白い面白い

さっきも書いたように、多分続編がいつか出るんじゃないかなぁと思っているので、というか出てほしいので、発表を心待ちにしてます!

出たら、即買う!