お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

唐突に乙女ゲー用語を紹介してみる

元々うちのゲームブログって大半お客さんが乙女ゲーマーだったというか、まあ乙女ゲー記事って乙女ゲーマーしか読まんやろと思ってたんですが。
一般ゲーアカでもブログ解禁してからこっち、一般ゲーマーも乙女ゲーのレビューとか感想を読んでらっしゃるみたいなので、これって乙女ゲーム用語かなー?ってのを軽く紹介しておこうかなーと思って書きました!
読むなら、ちゃんと用語がわかった方が面白いかなと思いまして。
特に需要はないかもしれませんが、まあそういうこと気にしてるとそもそもブログなんて書いてらんねぇよな、ガハハ!
一般ADVでも使われてる用語もありますが、そこらへんも特に気にせずご覧下さい。

 

 

乙女ゲーム用語」(と思われるもの)

 

・立ち絵
普通の会話シーンに登場する、キャラクターが立ってる絵です(そのまんま)。

 

・スチル
いい感じのシーンで表示される一枚絵のことですね。

 

・差分
立ち絵/スチルの差分 という感じで使われるのですが、元の絵から少し変更した別Verのことです。
ただ、立ち絵は数をカウントしないので、一番ノーマルの立ち絵以外は基本的に全部差分になりますね。

 

・目パチ・口パク
立ち絵についているもので、目パチはまばたき、口パクはセリフにあわせた口の動きです。
大体、セットでついてるかついてないかの場合が多いですね。

 

・デフォ名呼び
大体の乙女ゲームは主人公にデフォルトの名前がついているのですが、デフォルト名のままプレイした場合、ボイス中その名前できちんと呼んでくれる機能のことです。
主人公の名前は自由に変えられることが多く、名前を変えた場合、文章中ではもちろんその名前で表示されますが、ボイス中では「きみ」や「あなた」「おまえ」などそのキャラ、シーンに相応しい呼び方に置き換えられます。
デフォルト名のままプレイしても「きみ」などに置き換わってしまう場合、「デフォ名呼びなし」ってことですね。

 

・共通ルート
序盤の全キャラクター共通のシナリオのことです。
大体のゲームはこの共通ルートで攻略したいキャラクターの好感度を上げて、後述の個別ルートに突入すると言う流れになります。

 

・個別ルート
中盤~終盤から分岐する、キャラ別に用意された専用シナリオのことです。
大体は中盤くらいから始まりますが、稀にプロローグ後即個別に突入みたいなゲームもあります。
共通と個別の間に、数キャラごとに分かれたルートを挟むゲームもありますね。

 

・金太郎飴 / 判子
両方とも同じ意味で、シナリオの展開が同じであることを言います。
当然ですが、別のキャラなのに同じ展開だとつまらないので、大体ネガティブな意味で使われます。

 

・糖度
恋愛要素の濃さの表現として使われることが多い言葉です。
糖度の感じ方は個人によって異なるので、千差万別w

 

・メリバ (メリーバッドエンド)
これは全く乙女ゲー用語ではないのですが、オタク向け恋愛要素のあるコンテンツに触れてこなかった人はご存じないかと思うので。
解釈の仕方によってハッピーエンドにもバッドエンドにも見えるエンディングのことです。
例えば、「現世ではどうあがいても一緒になれない攻略対象と主人公が、一緒に地獄に落ちる」というエンディング。「地獄に落ちる」のは普通に考えたらバッドですが、「ふたり一緒」なら、彼らにとってはある意味幸せなのではないかとも考えられる。こういうのを「メリバ」と表現したりします。
「メリバ」の定義は人によって異なるので、大体のイメージさえつかめればOKです!


あとなんかあったかな。コメントかツイッターで、知りたい用語があれば、わかる範囲ならつけたします。

 

しかし、これ前も書いた気がしますが、乙女ゲーマーじゃない人たちは一体どういう感じでわたしの感想を読んでいるんだろう……w
面白いのかな?w 一体どう思うもんなのか、聞いてみたいですw