お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

遙かなる時空の中で7 共通 感想

やっぱネオロマが好きだな~! と思いました!
突っ込みどころは死ぬほどあるし、共通がちょっと冗長だけど遙か7楽しい……!
ということでまずは共通ルート感想です。
キャラの秘密には誰も触れてませんが、共通部分のネタバレはあり

f:id:kokochia:20200628170146j:plain

ていうか公式サイト見てもこのミニキャラツイッターアイコンしか見つけられなかったんだけど、遙か7って普通のバナーもアイコンもないの……?
普通のバナー貼りたかったなw

 

 

さてさてお馴染みの遙かシリーズですが、まず現代で普通に過ごすところからスタートってのに度肝を抜かれましたw
いきなり異世界に飛ばされたりしないの。普通に現代で生活して、怨霊とも八葉とも現代で出会うの。
しかもきちんと異世界に行くって覚悟した上で、テクテク歩いて異世界に行くんですよ!www
スマホの充電器持って行くか~とか。いや遠足か!?
さらには、好きなときに戻ってこられるの!!!
戻ってきたら八葉たちもアイス食べたり家電で遊んだり、現代生活満喫してるしw
帰ったときついでに魔法瓶の水筒だの、メイク道具だの持ってったりするしw
緩いな~!!!www
すごい。かつてこんなに緩く異世界ライフ満喫する神子と八葉がいただろうか……!?
こ、これが令和の神子!!! と思って謎の感動を抱いてしまいましたw

 

話は主人公が白龍の神子で織田信長の娘、時代は関ヶ原の合戦前、八葉は東軍西軍混合ということで、雰囲気殺伐とするのかなと思ってたんですが、旅の仲間は思ったより和気藹々。
パーティも分断されるのかと思いきや、だいたいみんな一緒にいますしね。
大体一緒にいるというか、わかれる部分もあるにはあるんですが、ほとんど「(主家に報告に)行ってくる」~時は流れ~「ただいま」みたいな感じでそこがショートカットされて終わるので、わかれるパートの実感がないというかw

 

そんな感じで、今までに比べるとかなり空気の緩い遙かだなあという印象を受けました。
織田信長の娘と言うことで遺恨のある人間関係を見せつけられるのかと思いきや、出てくる遺恨は皆怨霊化してるので、浄化しちゃえば終わりだし。

 

五行をただすのも、龍神の召喚こそかないませんが、共通ルートで完了するし、そこでいったんエンドロールもどきが流れます。コレも新しいな。……新しいよね?
ただ、ここで龍脈が正されたがゆえに現代に帰れなくなる……というのが、これまた新しいなと思いました。
ずっと帰れなかったのが最後に帰れるようになる今までと真逆のパターン。
いや、たぶん帰還エンドは絶対あるだろうし、いつもの龍神パワーで帰れるようになるルートもあると思うけどw

 

主人公の七緒はいい子だししっかりしてます。
黒田長政って誰?」ってなったり、歴史の知識は薄め……かと思いきや、いきなり百人一首を引用して会話に取り入れてくる高等テクを見せつけてきたり、お前の知識は一体どうなっとるんやと言いたくなる偏りっぷりがウケましたw
ていうか、歴史の渦に巻き込まれて、あんまり知識がなくて、現代に好きに帰れるのに、帰ったときに一切歴史を紐解こうとしないとか、そんなのってある?????
普通の人間なら、関ヶ原の合戦前後の歴史について調べまくらないか?????
わたしなら絶対そうするぞ……!?
出自についてもそうだし、お家のなんやかやに触れてもそうだし。
そういう、あんまり悩まないというか、全体的に淡々としているのがちょっと違和感ありましたね。よく言えば強メンタル極めてる……のか?w
龍脈を正して帰れなくなった後も、ちょっと凹んだらその後すぐ(務めを果たし終えた記念の)宴に突入してどんちゃん騒いでて、立ち直りはえーな!? ってビビりました。

 

共通だけで10時間強かかるので、長めで、正直ちょっと冗長かな~とは思いましたが、でもなんだかんだ楽しくやれたと思います!
めっちゃ突っ込みまくってて!? って思うかも知れませんが、ネオロマって割と全作そういうとこあるので、実際はこやつめハハハみたいな気分で流してますw

 

さて、最初は阿国ルートやったので、次は阿国の感想あげます!