お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

遙かなる時空の中で4 愛蔵版

遙かなる時空の中で4 愛蔵版(通常版)遙かなる時空の中で4 愛蔵版(通常版)
(2010/12/22)
Sony PSP

商品詳細を見る

4h.gif

遙かなる時空の中で4」で描かれているストーリーは、「遙かなる時空の中で」より以前の世界を舞台にした全シリーズに連なる" 始まりの物語 "。「古代ファンタジー」の世界を舞台に、「八葉」誕生の物語が綴られています。

本作の主人公は、異世界の亡国「中つ国《なかつくに》」の姫・葦原千尋

常世の国 《 とこよのくに 》」に祖国を滅ぼされた彼女は現代に逃れ、女子高生として生活していました。

が、ある出来事をきっかけに、ともに暮らしていた風早たちと元の世界へと戻ることに。

祖国を取り戻すため、「常世の国」との戦いを始めた彼女は、その戦いの中で様々な男性キャラクターたちと出逢います。

物語を進めていくうちに彼らとの絆は深まりますが、姫であるという立場のため、様々な恋の障害に苦しむことになります。

主人公を中心としたドラマティックなストーリー展開をお楽しみください。

<システム>

今回、見た目は全部好み。

というか3より格段に絵がきれいになっておることに激しく満足である!

そしてデフォルト名のままでプレイすると名前を呼んでくれるのも嬉しい。

このシステム好きだなぁ。

にしても惜しい、3のときからやってくれればわたしの名前が呼んでもらえたのに……よよよ……。

モブの声はもともと別に気にしてなかったのでなくても全然違和感ない。

しかし確かにメインキャラクターの声も圧倒的に少ない

はじめの方で、風早に道端で話しかけただけのボイスなしイベントが恋愛イベント(天秤が傾くイベント)だったことに驚きを隠せなかった笑

あっさりすぎる!笑

声がなくて寂しいと言えば寂しいけど、あんまり声にはこだわりがないので、なくても普通に許せてしまうわたし。

……だがしかしやっぱりある方が嬉しいよ。

4は余りの少なさに、声つきイベントなだけで「おおっ声がある……」と感動してしまう。笑

フルボイスのありがたみを知る。

いやフルでなくてもいいけど大切なところはやっぱ必要ですよコーエーさん。

もういっそサブキャラ(岩長姫や足往含め、メイン攻略対象以外全員)はエンディングもボイスもフルカットでいいから、メインたちはイベントフルボイスとかね。そういうのがよかった。

……あとあれだよ。フィールド移動のところで実は足音がいろんな種類ある(草むらだとざくざく言うとか)とかね。

そういうのいらない。そういう小技いらないからもっと萌えを。

あとスチル使いも間違っている気がしてならなかった。

どうでもいいモブがやられるシーンなんかにスチル枚数割くくらいなら、差分でもいいからメインにもっと!

朱雀やなんかのスチルも綺麗だけど、それよりもメインのスチルを!

ポリゴンも別に嫌じゃないです。

現代のゲーム(しかも天下のコーエー)にしてはぎこちないかなぁとは思うけど、少なくともわたしは3のあの妙な戦闘シーンが改善されたと思うだけで好感が持てる。

3の戦闘シーンはキャラクターたちに若干萎える部分であったのよね。

特にヒノエの動きとか気持ち悪かった。笑

RPG的要素はパワーアップしていたので嬉しい限りです。まぁヌルいけど。

もうほぼ乙女ゲームっぽいRPGですね。

しかしまぁ、やっぱ天下のコーエーはゲームとしての完成度は群を抜いてる気がするなぁ。

普通にやってて面白いもん。

ちまたで大人気の薄桜鬼なんか、絵やキャラクターはよくても、ゲームとはいえない、声つきの小説レベルだもんな。

わたしのなかで殿堂入りした華ヤカもキャラクターによるところが大きいし。

まぁ乙女ゲームってすごく特殊なジャンルだから、ゲームとしての完成度と乙女ゲームとしての評価が必ずしも一致しないってのが辛いところかな。

世間でこの遙か4が酷評だったのは、それだけ期待が高かったからってことなんでしょう。

<ストーリー>

甘さは控えめですがどれもよかったかと。

特に好きだったのはアシュヴィンかな。このときの主人公はいまいちだったけど……。

賛否両論な死にネタについては、わたしは駄目派でした。

詳しくは個々の感想で。

・ノーマルルート

あっさり。というかラブがほぼない。登場人物たちが主人公のことを大好きな、普通のRPG

しかし特に違和感というか、嫌な点は見つからず。

まぁエンディング間際の盛り上がり、ラスボス近辺くらいはボイス入れてよと思ったけど今作ではもうボイスには期待しないことにするである。

しかし今作のストーリーははズバっと「姫!」であったなぁ。

3の主人公は「わたしなんてそんなたいした人間じゃないのに」的なところが多くあって、そこが好きなところだったからちょっぴり残念。

記憶がないんなら、「姫なんて呼ばないで」「臣下じゃない、仲間よ」とか言ってくれたり、それこそ狭井君やなんかには敬語使ったりとかして欲しかったなー。

いっそあんなにあっさり指導者ポジに収まるのなら記憶取り戻してもよかったんじゃないかと思う。

まぁ「俺についてこい!」な控えめでありながらも俺様な姫も嫌いではないです。笑

今のところアシュさんが一番好きってか気になるかもー。でも今回みんな好き!

那岐のダルさから布都彦のばか正直さまで全部愛おしい。

そしてサブのカリガネ気になりすぎる。

だからサブを大切に、カリガネEDなんかがあるのは嬉しいんだけど、それこそ皇とか狭井君なんかのEDに需要はあるんだろうか。笑

キャラクター別感想

 →サザキ

 →遠夜

 →忍人

 →布都彦

 →那岐

 →

 →アシュヴィン

 →風早 前編 / 後編

 好き:アシュ>サザキ≧那岐>風早≧遠夜>布都彦>忍人(キャラは好きだけどルートが……)>柊  でもみんな好き!