お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

うたの☆プリンスさまっ♪Repeat 総評


うたの☆プリンスさまっ♪Repeat(特典なし)うたの☆プリンスさまっ♪Repeat(特典なし)
(2011/08/11)
Sony PSP

商品詳細を見る

4.gif

アイドルや音楽家を夢見る少年少女達が集う、芸能専門学校「早乙女学園」。

競争率200倍の狭き門を突破し、めでたく入学を果たした主人公「七海 春歌」はアイドルを目指す男の子と2人1組になり、

卒業時に行われる「シャイニング事務所新人発掘オーディション」の合格を目指して、一年の学園生活を過ごすことに。

自分が作曲した最高の楽曲で、アイドル候補生をオーディション優勝へと導くことができるのか!?

個性豊かなアイドル候補生と過ごす、ドキドキの学園生活がスタートです!

<システム>

ビタミンとほぼ同じ、序章を経てキャラクターを一人選び、4月から3月までの12ヶ月のすべてが個別ルートという構成。

恋愛値と音楽値があって、それの上下で3つあるEDに分岐するところと、月末に試験があるところもビタミン方式。

システムはかなり便利でこなれている印象。ちょっとロードがもたつくけど、次の選択肢にスキップできる機能もあったりして、周回もらくらく。

月末試験(ミニゲーム)はリズムレッスンと知識問題と歌詞埋めと演奏試験があるけど、演奏試験がとにかく楽しい!

EDを迎えるとオマケでミニゲームができるようになるんですが、ここで演奏試験を死ぬほど遊んでますw

めっちゃ楽しい!

ハードにするとかなりやりごたえがあって、ハードの2・3になってくると練習が必要になってきます。これをちまちまスキルアップしていくのが面白い。

しかも、各キャラクターともに1~3月は卒業オーディションに向けて一緒に作ってる歌の演奏試験(ボーカルなし)なのですが、ここで一生懸命練習した曲が、エンドロールでボーカルを乗せて流れるというのが神がかった演出だと個人的には思いました。

ほんとね、あれじーんとくるんだよ。感動するよ。

シナリオがカスでも、エンドロールでの感動で、なぜかものすごい満足感でしたw

スチルや立ち絵もかなり綺麗!

公式サイトを見てもらうとわかるんですが、オリジナルの方はほんと立ち絵・スチルともにビタミンより酷い(←最大の貶し文句)子供のお絵かきレベルなのですが、このリピート版は、すんげえ美麗になってます。

ブロッコリー、何故この本気を最初から出さなかったんだ。

FDのAAとSSは、スチルこそ改善されているものの立ち絵に関しては以前のままらしいので、とてもじゃないけどリピートをプレイした後に出来る気がしませんね。

やりたいのになぁ……。AAとSSを合体させたリメイク版、早く出ないかな。

<ストーリー・キャラクター>

ほぼ完全にネタシナリオ。

シャイニーの存在がまずひどい。とても乙女ゲーの登場人物とは思えないw 斬新すぎるw

突っ込みどころ満載というか、突っ込みどころしかないので、もうこういうゲームなんだなと割り切るしかない

でも、割り切るとこれはこれでかなり楽しめます。笑

プリンスたちが案外ちゃっかりしているというか、さらりとイチャついてくるので、ギャグ満載のくせに糖度も高めなんじゃないかなと思います。プリンスたちは手が早いです。

あと、プリンスたちそれぞれのキャラソンがすごくいい。

最後までプレイしても、やっぱり一番好きだったのは那月のサザンクロス恋唄でしたね。ストーリーはほんとトンデモだったのに、歌がいいせいで、なんかすごいいろいろ上乗せされた思い出が残ってます。

永遠のトライスターも好き。TRUST☆MY DREAMも好き。

OPの「蒼ノ翼」もすんごくいいしね!

カスでありネタなシナリオながら、なんだかんだ楽しめるギャグ要素と愛着がわいてくるキャラクターたちに、洗練されたシステム、楽しいミニゲームと、マイナス要素がむしろプラスになってきてるんじゃないかと思えるような見事なつくりだと思います。

キャラクターは結構みんな好きなんだけど、聖川様とレン、トキヤあたりが特に好きだったな。音也も、彼のルート以外では大好き。笑

11月にはMUSICという音ゲーだけのゲームが出るので、それは絶対買うかなと思います。

あと、たぶん続編も買ってしまうな……。

なんだかんだ、すごく楽しいゲームでした。久々に乙女ゲーを一気にコンプしたわ。

キャラクター別感想

 →一十木音也

 →聖川真斗

 →四ノ宮那月

 →一ノ瀬トキヤ

 →神宮寺レン

 →来栖翔

 →愛島セシル

 好き:トキヤ=真斗≧レン>音也>翔>那月>セシル でもみんな愛おしいよ。