お昼寝タイムズ@ゲーム

ゲームのプレイ日記やら感想やら。RPG、SRPG、ADV、アクション、乙女ゲーが好きです。

ラッキードッグ1 ジュリオ・ディ・ボンドーネ 感想

すっっっごい血みどろルートです。マッドドッグの名に恥じぬ狂いっぷりが堪能できるルート。
以下、ネタバレあり感想!

f:id:kokochia:20181126210915j:plain

 


脱獄編、謎に懐いてくる可愛いジュリオ。
逃亡編、まさかの視姦プレイ

 

そして問題のデイバン編
州で1,2を争う名家の御曹司高身長イケメンマナー完璧快楽殺人者ネクロフィリアかつ、キスすらしたことないチェリーボーイ……ジュリオの属性が濃すぎる……。
序盤は二人でスイーツ食べながらキャッキャしてたり、ジャンさんになついたりでほのぼの。
ジュリオは最終兵器なので、銃を持った数十人相手にカチコミしても無傷で返り血も浴びず浴びさせずにジャンさんを守り通してくれる。平和なもんです。
個人的に序盤で一番グッときたのがジュリオの声色の変わり具合ですね!
カチコミに行くときにジャンと同乗して車で向かうのですが、運転手へのハイパークール声と、対ジャンへのデロ甘声の違いがめっちゃツボりましたw

 

が。
初ホニャララね。正直バッドエンドルートに突入したのかと思いました!!!
いやだって、まさかの死体に興奮したジュリオに強姦される展開ですよ。目玉飛び出るよ!!!
チェリーボーイのはずだったのにいきなりこれ!!!
ジャンさんは真剣に怯えてるし……。これアリなんだ……普通に驚愕だよ……www
しかも、Vita版ではカットされてたんですが、PC版だとその前には死体の皮を剥ぎながら自慰してるらしいですね。ジュリオお前ホンモノだよ……。
この後自分を取り戻してジュリオの手を取って逃げられるジャンさん、男前とかそういう次元を越えてる。そりゃベルナルドもジュリオもジャンを信仰するってもんだよな。
わたしエロには全く興味ないんですが、やっぱり展開としてそこに真価が詰まってる場合はないと勿体無い気がしますよねえ。グロ方面への規制もかなりかかってるようだし、ラキドはPC版買えばよかったな~って思いました……。
今まで見たところだとイヴァン、ベルナルドはカット版でも十分大丈夫だけど、ジュリオは規制ないVerじゃないと真価が発揮できない気がしました。
ヤンデレとかそんな生易しいものじゃないんですよ彼は。ほんまもんのサイコ野郎なんですよ。

 

この後ジャンさん、熱出して寝込んじゃうのですが、さもありなんって感じですよね……。トラウマになって寝付けなくなってるし、ジュリオに対してガチでビビってるし、このルートのジャンさん可哀想過ぎる
幹部の皆さんが優しくしてくれるのが心に染みました。
特にイヴァンね……。まさか卵酒つくりにきてくれるとはwww
相変わらずの二人のやり取りと、ジャンの「ばーか」4連発に癒されて、プレイヤーのメンタルも回復ですよ。イヴァンほんとにありがとな!!!

 

一方でやらかしちまったジュリオもべこべこに凹んでるんですが、ここでジャンさんが恐怖を乗り越えてジュリオを迎えに行ってやるのがほんと男気溢れすぎてて。
そしてその後の2回目のプレイが包容力ありすぎて
年下組と相対してるときはジャンが「いいから来いよ」スタイルなのがほんとかっこいいですよね……。
というかジュリオ生粋のチェリーボーイってことはジュリオルート以外だと一生そうなんだろうかって思ってしまったw
あ、でも御曹司だから爺様が女あてがっちゃうのかな。でもその理論でいくとまだあてがってないのが逆に驚きだな……。

 

最後は爺様の呪縛を乗り越えてバイクで颯爽とジャンを助けに来てくれるジュリオがくっそかっこよかったです!!!
ただ戦闘力高すぎてスーパーサイヤ人かなって思いました!!!
いやだって所要時間5分ってwwwww
その後GDのバクシーとのバトルが繰り広げられるんですが、バクシーも人外なので、もうここだけドラゴンボールかな?って世界が繰り広げられます。
二人とも銃避けちゃうしね?
バッドエンドだとこの後爆発からジャンを助けてジュリオが死んでしまうのですが、ベルナルドからジュリオとの幼少期の出会いについて聞かされたジャンが犬ッコロみたいに抱きしめてやればよかったって嘆くのが切なかった……。
ハッピーエンドだと運よくあった謎の穴?にハマって助かるのですが、このルートだとラッキードッグのラッキーさを発揮するのはここだけでしたw
カチコミ何回もかけるけど戦うのは95%くらいジュリオだし、このルートのジャンはほんとひたすら精神安定剤の役目って感じですね。
一見無力と見えなくもないですが、足りないところを埋める力が一番発揮されていたのかな~とも思います。
精神的にも肉体的にも滅茶苦茶痛めつけられる分仲間の優しさも身に染みましたし、修道院長に喝を入れられてひとまわり成長するのもすごくよかった。
ていうかエンディングのジャンがボコボコにされてる率の高さな。
イヴァンルートに引き続きぼっこぼこだよ!!!

 

最後は教会で、幼い頃に会っていたことが発覚し。ジュリオはそこからジャンのことがずっと好きだったと。ここのスチルは幼少期の差分が欲しかったー!!! ていうか普通に差分くると思ってワクワクしてたからちょっと悲しくなってしまった……w でもこのスチル自体はちょっと結婚式っぽくてきゅんときました!
ジュリオの決着の付け方が、自分は指示がないと動けない人間だから、飼い主は自分で選ぶんだっていうスタイルなのがジュリオらしくて、滅茶苦茶心に刺さりました。自立するよりこの二人らしくて素敵ですよね。

 

さて、最後はルキーノさんです! こいつは絶対過去の女を背負ってる!!!(確信)